SF アクション 発信所

SFアクション発信所

超能力アクションが好きな人が気に入ったものを紹介するブログです。

短編小説:アーティファクト散策録

この作品について

複合現実ゲームを舞台に、二人の少女「ライ」と「ロップ」が特殊な能力を持つアイテム「アーティファクト」を求めて、考察しながら散策する話です。

不定期に投稿する予定です。

また、小説投稿サイト「ノベルアップ+」にも投稿しています。

novelup.plus

 

遭遇ファイル1:スフィア

 

「完全な球体とは古くから人を惹きつけてやまない。が、この球体は人を拒否していた。

私の目の前に鎮座するコレは持ち運べない。触れることはできても、持ち上げることはできないのだ」

 

 女の子が一人でブツブツと喋っています。

 

「ここまで見てくれた諸君はきっとこう考えただろう。球体が重いのだろうか、とね。残念だがそれは違う。この球体は、触れた物体を別の場所にテレポートさせてしまうのだ。……ロップ。私をそんな目で見るな。私はいたって正気。心配無用」

 

「ライ……虚空に向かって話かけてる人はもう正気とは呼べないよ」

 

「失敬な。虚空じゃないぞ。ひょっとしたらいるかもしれない超次元的存在へのアプローチだよ」

 

 ライと呼ばれた少女は白衣を翻して言い訳しました。

 長身と白衣、後ろで縛った長い髪がよく似合っています。

 

 

「いると思うの? 超次元的存在」

 

「いた方が面白いじゃない」

 

「でもこれはゲームだよ。その存在とやらがいちいちゲームの中まで観察するかな?」

 

「そりゃ見るでしょう! 今どき複合現実なしで我々の世界は語れないし」

 

 そう。これは現実であり、ゲームの中の話なのです。複合現実(MR)技術を使って世界中にホログラムを投影した世界。

 彼女たちはそのプレイヤーなのです。そして、面白いものを求めて街中を散歩しているのでした。

 

 

***

 

 

 時はさかのぼり、彼女たちが球体を見つける少し前。

 

「ロップ。今日はどこへ行く?」

 河川敷を歩きながら、ロップと呼ばれた少女は振り向きました。

 彼女は白衣を着ていません。黒髪とTシャツにジーンズが相まってライとは対照的です。

 ロップはホロウィンドウを開いて眺めました。

 画面にはゲーム内で目撃された面白そうな現象がたくさん書き込んであります。

 

「そうだねぇ。面白そうなのは……浮遊するインテリアと、存在しない場所が見える窓かな」

 

「よし。見に行こう! そして分析だ!」

 

 ライが張り切って一歩を踏み出した途端、彼女の姿が掻き消え、数メートル先の上空に現れたかと思うと、砂利に向かって落下していきました。

 

「なんじゃこれ――ぐえ!」

 

「ちょっとライ! 大丈夫?」

 

 お尻を痛打して呻くライ。しかし、徐々に様子が変わっていきました。

 

「テレポート? 瞬間移動ってやつか?」

 

「大丈夫……じゃなさそうだね」

 

「ふふふ。見つけたぞ。今日の研究対象は、これだ!」

 

 彼女は満面の笑みで自分が踏んづけた球体を見つめました。

 

「また始まった……」

 

 ライは好奇心が刺激されると、人格が変わったように博士キャラになってしまう残念な人なのでした。

 

 

***

 

 

 現在、博士モードに突入したライが、超次元的存在へと語りかけたあとのこと。

 二人の少女は拳ほどの大きさの球体を囲んで眺めていました。

 

「で? ライはどうするつもり?」

 

「どうもこうも、バラして改造するんでしょう? いつもみたいに」

 

「でも、触れたらテレポートしちゃうんでしょ? どうやって持ち帰る?」

 

「アーティファクトには変わりないし、いつも通り実験あるのみだよ!」

 

 アーティファクト。それは特殊な能力を持ったアイテムのことです。

 このゲームにレベルやステータスというものはありません。プレイヤーは己の技術と装備品だけを頼りにモンスターやロボット、敵対プレイヤーを倒さなければいけないのです。

 テクニックがものを言う過酷な環境で、一発逆転するためにプレイヤーはアーティファクトを欲しがります。しかし、ことはそう単純ではありません。

 ゲームシステムが自動で生成するアーティファクトは、時に変なモノを作ります。まったく戦闘で役に立たなかったりする、いわゆる不良品です。

 

 彼女たちはそれらを回収、改造することで武器を作ってモンスターを倒しているのでした。モンスターを倒してゲーム内通貨を獲得し、それをリアルマネーに変換する。

 一種のプロなのです。だれでも気軽に参加できるEスポーツとでも言いましょうか。

 

「材質は不明だね。質量は……ロップ、ちょっと持ち上げてみて」

 

「やだよ。どうせさっきのライみたいに飛ばされるでしょ」

 

「発見に犠牲はつきものだよ。ささ、はやくはやく」

 

「もー仕方ないなぁ」

 

 渋々、不承不承といった様子でロップは球体を掴みました。

 直後、彼女は一メートル横にずれた場所にいました。

 

「え、あ、こうなるんだぁ」

 

 と、納得して頷くロップ。

 

「あれ!? なんで空から落ちてこないんだよ!?」

 

 と、喚(わめ)いたのはもちろんライです。

 

「日頃の行いが良いからじゃない?」

 

「いいや違う! それは論理的じゃない。なにか違いがあるはずだ」

 

 それから彼女たちは球体に触れては飛ばされる奇行を繰り返しました。

 時に落下し、時に横にズレ、また落下して。

 

 ロップが頷きながら見解を述べました。

 

「テレポート先は球体から半径十五メートル以内のランダムな地点なのは確定かな」

 

「球体、仮に『スフィア』と呼称しよう。これは誰かがここに置いたのか? それともここに出現したのか? そもそも誰も運べないのだから、システムが自然発生させたと考えるべきか……」

 

 ライはスフィアの前にしゃがみこんでブツブツ言っています。

 

「おーい。戻ってこーい」

 

「聞こえてる聞こえてる。続けて?」

 

 ロップの呼びかけに、ライは振り向かないで相槌を打ちました。

 絶対聞いていないように見えますが、ロップは知っています。ライは確かに聞こえているのです。

 理解できているかは謎ですが。

 

「……いや待てよ? どうしてスフィアは地面にあるんだ?」

 

 ライは唐突に顔を上げてロップに聞きました。

 

「は? 空中に浮くはずだって言いたいの?」

 

「いいや。だって、触れた物体をすぐにテレポートさせるなら、地面の砂利だってスフィアが接触した時点でテレポートするはずだろ? それなら地面に穴を掘りまくっていないとおかしい」

 

「テレポートさせるのは、アバターだけって可能性は?」

 

「試してみよう」

 

 二人は頷き合うと、すぐに行動に移りました。

 ライが小石を拾ってスフィアに投げます。

 

「てい!」

 

 小石はスフィアにぶつかる、と思った時にはすでにテレポートしていました。

 スフィアは微動だにしていません。『カツッ』とも、『コツッ』とも言いませんでした。

 

 小石は空中に出現すると放物線を描いて飛翔し、落下しました。

 他の小石に混じってもう見分けがつきません。

 

「むむ? ロップ。これはどういうことだね?」

 

「そうだねぇ。球体の下半球には触ってもテレポートしないのかも」

 

「なるほど。じゃ早速」

 

 ライがしゃがみこみ、そーっとスフィアを下から持ち上げ――。

 

――られませんでした。

 

 またもや上空に飛ばされたライは白衣をはためかせながら、地面とキスしました。

 

「なんで私ばっかり!」

 

「あはは! きっとスフィアちゃんはライに触れてほしくないんだよ」

 

「くそう」

 

 ライはスフィアを睨みつけ……違いました。恋人に振られたような顔をしていました。

 彼女に恋人なんていませんが。

 

「じゃあ次の仮説ね。……接地面をジャイロセンサーとか感圧センサーとかで認識して、その部分だけ触ってもテレポートしないように設定しているんじゃない?」

 

 ロップは慣れています。ライは放っておいても勝手に復活します。

 だから淡々と続けるのです。

 

「転がしてみるか」

 

 復活したライが言いました。もう涙は出ていません。

 

 ロップがホロウィンドウを開いてスコップを出現させました。ゲーム内の便利な機能です。もちろんホログラムのスコップで現実の地面は掘れませんが、ホログラム空間の地面は掘れます。

 

「よっこいしょ」

 

 ロップが地面の砂利ごとスフィアを持ち上げました。

 結果、スコップで掬われた砂利と小石が次々にテレポートしてなくなりました。

 当然スフィアが落下して、そのままスコップにも接触しました。

 

「うわ!」

 

 ロップの手からスコップは掻き消え、近くに音を立てて落下しました。けたたましい騒音です。

 スフィアはさらに地面に落下します。そして、小石の上に着地しました。小石はテレポートしませんでした。

 

 二人は黙ってその様子を見守りました。

 

「えー。諸君。我々はスフィアの謎を解明するため、アマゾンの奥地へと足を踏み入れた」

 

「あ、まだ超次元的存在へのアプローチ続いてたんだ。しかも嘘だし、アマゾンの奥地に行ってないし」

 

「でもどうする? 私もうお手上げだよ」

 

 げんなりした様子でライが言いました。

 

「うむむ? むー……あ、そうだ! 生身で持てばいいんだよ!」

 

 ロップは閃きました。が、すぐに表情が曇ります。

 

「ここまで来るのは……さすがにねぇ」

 

「だよねぇ」

 

 現代で、わざわざ肉体で外出しようと思う人間は居ません。アバターの方が断然楽で、効率的だからです。

 

「それに、もし現実の肉体の位置とホログラム空間の座標がズレたりしたら……」

 

「うん。バグりそう。それは良くない」

 

バグとは虫のことを言っているのでありません。ゲームで不具合が起こることを指します。

 つまり『バグりそう』とは、ゲームが予期せぬ挙動をしてエラーが起きるかもしれない。という意味です。

 

 二人はこぞって生身で外出しない言い訳をしました。

 

「いや待て待て待て。重要なことを忘れていた」

 

「というと?」

 

「テレポートは、そもそもどうやってるのか。わからないじゃん」

 

「そりゃ、スフィアが接触した物体の粒子状態を観測して、分解したあと別の場所で再構築しているからでしょう」

 

 ロップは得意げに答えました。

 

「ふ、ふーん。そうなんだ。でも読み取り装置は? スキャナがついてるようには見えないし、再構築するには3Dプリンターみたいなものが必要でしょう」

 

「……方法がわからないんじゃ話にならないね」

 

「じゃあ実験してみよう。丁度いいものがある」

 

 ライはインベントリから大きな機械を取り出しました。ピンポン玉を連続で発射することができる装置です。以前ロップと卓球をしたときに気まぐれで作ったものをインベントリに仕舞っていました。

 

「ひたすら弾をぶつけるつもり? 相変わらずやることがパワープレイだなぁ」

 

「ふふふ。テレポートが無限にできるのか、コイツで確かめてやるぜー!」

 

 ライは叫ぶとピンポン玉をスフィアに向けて発射しました。軽快な音とともに発射された弾は、スフィアの表面に触れると音もなく消え去り、周囲の至る所で出現して飛んでいきます。

 しかし、数秒後に異変が起こりました。

 それまでランダムな場所に出現していた弾が、方向を変え、ライを狙い始めたのです。

 

「うわ! 痛たたたたたたた!」

 

 オールレンジ攻撃にライは堪らず射撃を止めます。

 

「なんか、今すごい敵意を感じたんだけど」

 

「偶然だよ偶然! それより今、突風が吹いたときの見た?」

 

「いや、それどころじゃなかったって。……何かあったのか?」

 

「風が吹いた瞬間、ほんの少しだけどテレポートにタイムラグがあった」

 

「タイムラグ? どういうこと?」

 

「このアーティファクトにはナノマシンが使われているんだよ。多分、球体の表面に触るとナノマシン群が物体を包み込んでスキャンするんじゃないかなぁ」

 

 アーティファクトの中には稀にナノマシンを使うものがあります。現実では不可能な特性がホログラム空間では実現できるのです。

 

 

「そうか! ナノマシンが物体をスキャンして、ついでにテレポート先に出現させてるから、強い風が吹くと空気中をうまく移動できなくなってタイムラグが生まれたのか」

 

 つまり、テレポートする直前、スフィアから発生したナノマシンが物体をバラバラに分解してスキャンしたあと、まったく別の場所で組み立て直しているというわけです。

 

 ロップはライの説明に頷きました。そしてさらに考察していきます。

 

「そうだねぇ。テレポート先が半径十五メートル以内なのも、スフィアから放出された材料を届けられる限界距離だとすれば頷けるね」

 

「つまり! 地面の砂利がテレポートしないのは、ナノマシンが覆えないからだ!」

 ライがビシッと発見したことを披露しました。そしてすぐに思案します。

「ということは……とてつもなく大きなもので掴めばテレポートしない?」

 

「まーた、頭悪そうな物量作戦だな。……もっと簡単な方法があるよ」

 

ロップはホロウィンドウから容器を具現化させました。それをスフィアにすっぽりとかぶせます。

 

「あ、そうか! 密閉すればナノマシンが閉じ込められるから……」

 

「その通り。スフィアは容器を覆えないからテレポートできないって仕組みだよ」

 

 ライは悪そうな笑顔を浮かべました。何度も空中から落とされて根にもっているのです。

 

「ふふふ。観念することだな」

 

 ロップが容器をスライドさせて地面の砂利ごと蓋をしました。

そして慎重に持ち上げます。

 

「テレポートしない! やった!」

 

「やったぁ!」

 

 ライは虚空を向くと、博士モード全開で宣言しました。

 

「見たか諸君。これが我々の実力だ! 道端でテレポートする球体と出くわしたらぜひ我々を参考にするといい」

 

「……はいはい。帰ったらこれを武器にしなくちゃいけないんだから、急いでよね」

「わかってるって。もう新しい武装のアイデアがひらめきまくりだよ!」

 

 

***

 

 

 彼女たちは家に帰ってきました。その手には容器が抱えられています。

 

「ホントに中に入ってるのかな? なんか心配になってきたよ」

 

 不安そうな表情でロップが言いました。

 

「大丈夫だって。蓋はずっと閉じてたし。ほら開けるよ」

 

 作業台の上に容器を置いて、蓋をそっと開けます。

 

「うわぁ!」

 

「きゃ!」

 

 わずかに隙間ができた途端、容器の中からスフィアが飛び出してきたのです。

 それは蓋とぶつかり、ライにぶつかり、ロップにぶつかり――見事な三段ジャンプでした。

――三つの物が部屋のバラバラな地点へとテレポートしました。

 

スフィアは床に落下して、しかし止まりませんでした。

坂ではないはずが、部屋の出口へと転がっていきます。

 

「に、逃げられる!」

 

「こいつ生きてんの!?」

 

 ライとロップの叫び声が部屋に響きました。

 

 

---END---

 

 

 

遭遇ファイル2:光狩り

 

 ライとロップは今日も今日とて街中を歩いていました。雑居ビルの路地裏をとぼとぼ進みます。

 

ライがしかめ面で言いました。

 

「どこもかしこもゴミばかり……。疑うわけじゃないんだけど、あの“閃光”がこんなところにでるの? こんな何の変哲もない路地裏に?」

 

 “閃光”とは最近プレイヤーの間で噂になっている“なにか”の呼び名です。超高速で動く謎の発光物体ということ以外、まったくもって未知の存在なのです。

 

 ロップがホロウィンドウを見ながら応えました。

 

「閃光が目撃され始めたのは約一週間前。一昨日もこの周辺で見た人がいるらしいよ」

 

「本当に?情報元は信頼できるんだろうね?」

 

「大丈夫。ちゃんと信頼できる情報屋から買ったから」

 

「へえ。いくらしたの」

 

「百円」

 

「ひゃく? まさかのワンコイン!? 絶対ガセネタでしょ!」

 

「いやいや。その情報屋曰く、『見つけてもどうせなにもできないから』って、激安価格にしてくれたんだよ」

 

「な、なるほど?」

 

 ライはわかったような、わからないような。先程とは違う意味でしかめ面になりました。

 ロップは淡々と言います。

 

「どのみちやることは変わらないでしょう。見つけて、回収して、武器にする」

 

「ま、そうだな。それしかできないもんな」

 

「でしょ。だったらほら、ちゃんと周り見て探すよ」

 

 ライとロップはさらに歩きまわりました。閃光はどこに現れるか分かりません。

 ビルとビルの隙間から時折見える大通りには様々な人が行き交っています。もちろんそのほとんどがアバターでした。ライやロップと同じようにゲームをプレイしている人もいれば、仕事をしている人もいます。

 銃や剣、杖を持っているのはプレイヤーです。時々現れるモンスターを倒したり、ダンジョンの入口であるゲートに突入したり、クエストをこなしていたりと、実に様々な遊び方があります。

 

「いっそ魔法でも使うか?」

 

 ライが提案しました。

 

「魔法? 索敵用の杖なんて持ってないよ?」

 

 この複合現実ゲームにも魔法はあります。ただし、呪文やジェスチャーによってなんでもできるわけではありません。杖型アーティファクトを使うのです。杖にはそれぞれ固有の技が組み込まれています。例えば、炎の弾を出すような、魔法弾発射タイプは数多く市場に出回っているのです。

 他にも、ファンタジー系統の材料でポーションを作るという方法もあります。こちらはアーティファクトではありませんが、消費アイテムとして流通しています。

 

「うーむ。……ポーションは?」

 

「それもない。材料はあるけど調合に時間がかかるから、今すぐ使えないし」

 

「ダメかぁ……」

 

 ライがぐったりと項垂れた、その時でした。

突風と共に一筋の光がライとロップの間を突き抜けて行ったのです。

 それは一瞬の出来事。まるで幻のようでした。しかし、風によって舞い上がった埃が現実であると教えてくれています。

 

「「っ!?」」

 

 ライとロップはそろって光が去った方向を見やりました。けれど、もうそこには何もありません。

 

「今の見た!?」と叫ぶロップ。

 

「見た見た! あれが閃光かぁ!」

 

 ライも叫びます。二人ともすっかり興奮していました。

 けれど、すぐに表情が曇ります。

 

「……なぁロップ。今のを捕まえるの?」

 

「確かにあれは、『見つけてもどうせなにもできない』。百円が無駄になった」

 

「いやいや、せめてあれの正体だけでも調べよう。で、結果を情報屋に売りつけて百円取り戻そうぜ」

 

「ああ、そうだね。……正体かぁ。……でもどうやって?」

 

 困り顔で聞いたロップに対し、ライは自信たっぷりに宣言しました。

 

「そりゃもちろん、罠を張るに決まってるでしょう!」

 

***

 

 ライとロップは手ごろな雑居ビルの屋上に登りました。周りを見下ろせば多くの情報が得られそうな場所です。

 

「うーん。閃光らしいものは見えないねぇ。上からならすぐに見つかると思ったんだけどな」

 

 ロップは周りをキョロキョロ見渡して言いました。

 一方、ライは白衣をなびかせながらフェンスを背もたれに使います。

 

「さて、罠を張ると言ったが、具体的にどんな罠を使う? そもそも閃光に罠が効くのか?」

 

「もし雷みたいなものなら、落とし穴は効果ないよね。むしろ避雷針の方がいいかも」

 

「何らかのエネルギーなら、どうして拡散しないんだ? 電気なら地面に流れるはずだ」

 

「確かに。さっき私達の傍を通ったとき感電しなかったね。ということは、あれは電気ではない?」

 

「自然現象ではないなら、アーティファクトか? スフィアのように人工知能搭載型ならありえる」

 

 スフィアとは、以前ライとロップが遭遇したアーティファクトの一種です。触れたものを周囲にテレポートさせる能力を持っていました。知性があるとわかったので武器にせず家で放し飼いにしていたのです。

 

「そういえば、最近スフィア見かけないけど、どこ行ったんだ?」

 

「ああ、住処があるって言うから。そっちに帰した」

 

「へえ。住処ね。……っえ? 住処? あいつ喋るのか!?」

 

「いや。 声は出さないけど、――こう、コロコロやって」

 

 ロップは頭を左右に傾けました。

 

「それでどうやったら意思疎通できるんだよ」

 

「注意して見てればきっとライにもわかるよ。縦回転か横回転で返事もするし」

 

「ま、まぁ、今度機会があればな。それより今は閃光に集中しよう」

 

「ああ。そうだねぇ。……アーティファクトではなく、モンスターという可能性もあるね」

 

「うむ。新種のモンスターか。或いは偶然モンスターがアーティファクトを拾った可能性も考えられるぞ」

 

「……閃光の正体がなんであれ、まずは減速させないとダメかぁ」

 

 二人は色々な説を考えましたが、もちろん結果はでません。正体を知るには、やはり捕まえるしかなさそうです。

 

「よし。膜を張るぞ。路地裏の通路を遮る感じで」

 

「でもそんなのあったら避けられるんじゃない? そもそも近づいてこないかも」

 

「では透明な膜にしよう。視認性を下げれば問題なし」

 

「ふむふむ。妥当だね。ただ、かなりの速度で突っ込むわけだから、閃光が壊れるかも」

 

「衝撃を吸収する仕掛けが必要だな。……閃光が膜に衝突して、ある程度勢いを殺したら膜の固定を解くのはどうだろうか。そうすれば反動で弾け飛ぶこともないだろうし」

 

「いいね。そうしよう。膜が何枚もあればさらに安心だね。どれくらい設置する?」

 

「ざっと見積もって……五十枚」

 

「……それなら安全だ」

 

 ライとロップは早速罠を作り始めました。路地裏へと降りて作業を始めます。

 

「うーん。透明なビニールも何枚か重ねると流石に透明じゃなくなるねぇ」

 

 ロップはホロウィンドウを開くと、インベントリから取り出したビニール袋を重ねて言いました。

 

「ファンタジー系統の素材は? なにか使えるものがあるかも」

 

「なるほど。ちょっと調べてみる」

 

 このゲームには様々な種類のモンスターが出現します。ファンタジー系統ではゴブリンやスライム、ゴーレム、ドラゴンなど。SF系統は狂った機械やドローン、アンドロイドなどなど、ジャンルがごちゃ混ぜになっていて、敵の種類は枚挙にいとまがありません。

 当然、モンスターから手に入る戦利品も、ジャンルの垣根を越えています。ロップはそれらをインベントリや家に大量に所有しているのです。

 

「あ、“妖精の布”だってさ。これはどうかな」

 

 二人の目の前に実体化したアイテムは、見事に透明な膜でした。よく見ないと存在に気付くことすらできません。引っ張ればちょうど路地裏の通路と同じ幅になりそうです。

 

「ふむ。これは良い布だね。羽のように軽くて伸縮性もほどよく、肌触りも良い。しかし、結構高価なものなんじゃないか? あと四十九枚ある?」

 

「あるある。あと八十枚はある」

 

「は? なんでそんなにあるんだ!?」

 

「ほら、前に害悪な妖精を退治してくれってクエストがあったじゃん。爆破で巣ごと破壊したときに手に入ってたの」

 

「あぁ。あの時は大変だったな」

 

「うん。ハチの巣をつついたみたいになったよね」

 

 以前挑戦したクエスト(依頼)を思い出して、二人は震えあがりました。

 

「ま、まぁ良かったじゃないか。あの苦労が報われて」

 

「ったく。ライはポジティブだなぁ」

 

 ライとロップは早速妖精の布を路地裏の通路に広げました。

 

「どうやって固定しようか」

 

「そんなときは、やっぱりこれでしょう!」

 

 ライがインベントリから取り出したのは、アメリカで大普及していることで有名なダクトテープです。粘着力が強く、耐水性も備えています。壊れた道具の応急処置に最適な一品です。

 

「やっぱりね。……でも固定しすぎないように気を付けるんだよ? 閃光が衝突した反動で反対方向に吹き飛ぶ前に、剥がれないといけないんだから」

 

「わかってるって。心配するな」

 

「ほんとにわかってるのかな……」

 

 それから、二人は五十枚の布をダクトテープで等間隔に配置しました。布の四隅を留める簡単な作業ですが、数が多いので大変です。

 

「ふー。やっと終わったね」

 

「ああー。疲れたー」

 

「あとは閃光が来るまで待てばいいだけだねぇ」

 

「来るといいなー」

 

 

 

 それからというもの、ライとロップは室外機の上に座って雑談を始めました。

 紅茶と、お茶うけのクッキーや羊かんを二人でぱくついて、まったりしています。ここはゲームの中なのでどれだけ食べても栄養が摂れないどころか、太ることもありません。

ただ美味しいと感じるだけです。

 そうして時間が経つことさらに十五分、ついに事件が起こりました。

 

 二人が座っている右側から左側へ、あり得ない速度で光が通過したのです。遅れて突風が吹き荒れました。

 

「「来た!」」

 

 閃光はそのまま罠へと突っ込み――。

 狙い通り布に引っ掛かりました。それでも勢いを止められず、ダクトテープが次々に剥がれて行きます。

 閃光は膜を四十枚も剥がしてから地面を転がり、ようやく止まりました。妖精の布が絡まりあって巨大な繭が出来上がっています。いくら透明とはいえ、こうも密度が高いと中の様子は見えません。

 ライとロップは繭に駆け寄りました。

 

「掛かった!?」

 

「どうなった?」

 

 二人の声が聞こえたのか、唐突に繭がのたうち始めました。中からくぐもったうめき声も聞こえてきます。

 ライとロップは頷き合うと繭の解体作業を始めました。慎重かつ迅速に布の塊をほどきます。

 

 数分後、薄くなった繭をかき分けて、閃光が顔を出しました。

 

「ぷはッ! 死ぬかと思った!」

 

「あれ!? ヒト?」

「モンスターじゃ、ない!?」

 

 繭から飛び出した顔は、どこからどう見ても人間の女の子だったのです。

 

「ロップ離れろ! 顔は人間、体は蜘蛛のモンスターかもしれないぞ!」

 

「だれが蜘蛛だっ! ……ていうか、なんだよこれ! 早くだせ!」

 

 女の子はギャーギャー喚きながら地面を転がります。

 

「あー落ち着いて! 私達に敵意はありませんから!」

 

「……本当に?」

 

「ホントホント。だからそれ外すけど、逃げないでね?」

 

 ロップの言葉に、女の子はひとまず落ち着きました。繭が動かなければ、ほどくのにそれほど時間はかかりません。

 

「あー、自由だ!」

 

 ようやく繭から解き放たれた女の子は、大きく伸びをします。

 彼女は特徴的な出で立ちをしていました。レザージャケットにグレーのズボンと、指ぬきグローブを身に着け、背中に背負ったホルダーには杖らしきものが収まっています。

 

「で? あなたは何者? どうやってあんなに早く動いていたの?」

 ライが訊ねると、女の子は指を左右に振りながら舌打ちをして言いました。

 

「まずは自分から名乗るのが筋ってもんでしょう」

 

「これは失礼。私はロップ、彼女はライ。あなたは?」

 

 ロップの説明を聞いて、女の子は満足したように頷きました。

 

「私はルーシー。それであんたら、こんなところで透明な布なんか広げて、危ないじゃない。なにしてたのさ」

 

「ここに閃光が出没したって聞いたから、捕まえに来たんだよ」

 

「閃光って?」

 

「超高速で動く謎の発光物体のことだよ。プレイヤーの間で噂になってる。あなたのことでしょ?」

 

 女の子改めルーシーは、「さあ?」とでもいうように肩を竦めて言いました。

 

「知らないし興味もない。私はただ走ってただけ」

 

「ただ走ってたにしては速すぎて見えなかったぞ。一体全体どうしたらそんな速度で、おまけに光まで出すわけ?」

 

「ああ、これのこと?」ルーシーが右手を挙げると、腕全体が、白く発光し始めました。

「アーティファクトだよ。体にエネルギーを吸収してるのさ」

 

 ライとロップは見たことない現象に、目がくぎ付けになりました。

 

「その指輪の効果なの!? 効果時間は?」

 

「どこで手に入れた? どういうエネルギーなんだ!?」

 

 二人は矢継ぎ早に質問を繰り出します。その勢いに面食らったルーシーですが、一つ咳払いすると、自慢げに語りだしました。

 

「……私を捕まえた褒美に、特別に教えてやる。……これは指輪と杖、二つのアーティファクトを組み合わせてやってんだ」

 

「杖はよくある魔法弾発射タイプだよね?」

 

「その通り。これは雷撃を操る杖。ま、私はほとんど使えないけどな」

 

「使えない? 使わないじゃなくて?」ライが首を傾げて言いました。

 

 このゲームの魔法は杖さえあれば誰でも使うことができます。ただし、杖に内蔵された核が生成したエネルギーを消費するので、使い切るとリチャージされるまで使うことができません。

 

「ああ。私には使えない。この指輪が、杖からエネルギーを奪っちまうからな」

 

 そう言うと、ルーシーは背負っている杖の柄を掴みました。すると、彼女の体が稲妻を纏い、全身から光を放ち始めます。

 

「「おおー!」」

 

 神々しさすら感じさせるルーシーの姿に、ライとロップはワクワクが止まりません。拍手喝采です。

 

「ゴフッ」突然、ルーシーが血を吹き出しました。

 

「うわぁッ。どうしたの!?」

 

 混乱する二人に対し、ルーシーは血を拭って一言呟きました。

「私にはもう……時間がないんだ」

 

「「はい?」」

 

 これはゲームです。現実の肉体が病気を患っていても、その影響はほとんどありません。ましてアバターが血を吐くのはモンスターやプレイヤーとの戦闘時だけです。

 

「呪いでもくらったの? それとも毒?」

 

「違う。杖のエネルギーに、体がついていかないだけだ。気にするな」

 

「てことはつまり……その状態になると、HPがじわじわ削れるってこと?」

 

「そうだ」

 

「そうだって……おまえ正気か!? それだとすぐにゲームオーバーでしょう」

 

「あの速さで走れるなら、死んだってかまわない」

 

 そう呟いたルーシーの目は蘭々と光っていて――。

「あなた相当クレイジーだね」

 

 二人は戦慄するのでした。

 

 ルーシーはインベントリからポーションを取り出すと、親指でコルクを弾き飛ばして瓶を一息に呷(あお)りました。ピンク色の液体がHPの持続回復効果であることを示しています。

 

「これで、時間稼ぎはできる。じゃあ私は行くよ。早くエネルギーを発散しないとアバターが粉々になっちまう」

 

 話を打ち切るとルーシーはクラウチングスタートの姿勢をとります。

 

「あっ。ちょっとまって!」ロップはルーシーを呼び止めると、ライと頷き合います。

「話を聞かせてもらった礼もあるし――」

「――そのアーティファクト。私たちに改造させてほしいの!」

 

 

***

 

 ルーシーから高速走行の秘密を教えてもらった代わりに、ライとロップはアーティファクトのデメリットを消すための協力を申し出ました。

 

「それは助かるが……アーティファクトのデメリットを消すなんてことが、できるのか?」

 

「ああできるとも。これまでロップと二人で何回もアーティファクトをいじくりまわしてきたからな」

 

「そうそう。だから任せて! 損はさせないよ」

 

「……わかった。任せるが、壊さないでくれよ。それに、もし持ち逃げしても、光の速さで追い付けるからな」

 

自信満々な二人を見て決心したのか、ルーシーは指輪と杖を差し出しました。言葉の最後の方は、ドスが効いています。ライとロップは首を縦に振るしかありませんでした。

 

指輪と杖を受け取った二人は、それぞれアイテムのプロパティを開きました。

 

「名前は“プラズマボルトの杖”。フレーバーテキストは……

“先駆者の遺産の一つ。

内なるエネルギーを雷撃へと変じて放つ武器。強力だが消費も大きい。

かつて存在した先駆者は一撃で敵を穿ったという。

ゆえに、戦わずして勝敗は決しているのだ”

へえ。カッコいいし強そうだな」

 

 ライは一メートルほどの長さのある白い装甲と青く光るランプがついた杖をしげしげと眺めます。ランプはほとんど光を失っているので、内部のエネルギーが足りないことがわかりました。

 

「こっちは“同化の指輪”ね。フレーバーテキストはえーと?

“装備した者を、遺物の力を宿す器に変える。

力を操る者が真の強さを望むなら、この指輪をつけるといい。

力もまた、器を探しているのだ。自らが操るにたる器を。”

……思いっきり呪いの類じゃん」

 

「指輪を外しても効果は持続するのか?」

 

「それはほらこの通り」そう言うとルーシーは突然発光しました。そして目にも留まらぬ速さで路地裏の通路を一往復します。今は指輪も杖も装備していません。靴底で急ブレーキをかけてから続きを口にします。

「しばらく効果があるのは確認済みだ」

 

「そんなに早いのにどうやって事故らないで走れるの?」

 

「速読って知ってるか? 読書スピードを高めるヤツ。それで動体視力を鍛えたから。見えてさえいればアバターは動ける」

 

「すさまじく脳筋的解決法だね……」

 

「そもそもなんで身体能力が強化されるんだろう?」

 

「多分、酸素の代わりにエネルギーを使っているんだろ」

 

「なるほど、通常筋肉は血液によって運ばれた酸素を使って運動するところを、指輪がアバターの仕組みを書き換えて、エネルギーを使えるようにしたって感じだね」

 

「つまり遺伝子操作のドーピングってわけか」

 

 ドーピングは薬物で身体能力を引き上げる方法です。スポーツ界ではタブーになっていますが、これはゲームなので咎める人はいません。

 

「普段はひたすら走って余ったエネルギーを発散している。ぜんぶ放出すれば死なない。試したことがあるからわかる」

 

「じゃあ、ここで閃光がなんども目撃されてたのは……」

 

「ああ、戦闘の後に余分なエネルギーを発散させていたところを見たんだろう。今日もそれで走ってたんだ」

 

「なるほどねぇ。大体わかった。ライ。何かいいアイデアはある?」

 

「今みたいにポーションで無理やりHPを回復すればいいんじゃないか?」

 

 HP(ヒットポイント)はこのゲームに存在する数少ない数値化されたステータスの一つです。ただ、この値はアバターの状態を数値として視覚化しているに過ぎません。つまり、ポーションを飲んで回復するということは、アバターの細胞が活性化して傷がリアルタイムで治っていくことを意味します。

 

「それは駄目だった。さっき飲んだポーションも本来は十五分間回復するはずが、今は三分しか効果が続かない。いずれは……」

 

「――完全に効果がなくなる?」ロップが言い当てました。

 

「その通り。ま、一回死ねばまた効くようになるんだけどな」

 

「ふむ。細胞にダメージが蓄積されていくのかもしれない。もっと根本から直す必要があるとみた」

 

 一度死んでアバターが再構築されれば、細胞に蓄積されたダメージがリセットされるということです。しかし、このゲームはデスペナルティによって死ぬたびに所持金の十パーセントとインベントリ内からランダムなアイテムを失うので、ゲームオーバーは避けなければいけません。

 

「エネルギーに細胞が耐えられないなら、細胞を強くすればいいのかも」

 

ロップが閃いたとばかりに言いました。

 

「おぉ! ……でもどうやって?」

 

「うーん。そんな都合がよくて強力なアーティファクトは持ってないし。ルーシーは何か心当たりある?」

 

 話を振られたルーシーは黙って首を横に振りました。

 

「だよねぇー」

 

「……待てよ? そもそもどうしてエネルギーがダメージになるんだ?」

 

「そりゃ力の塊だからでしょ」

 

「けど、そんなものを生成し続けているなら杖自体が内側から破裂してもおかしくないはずだろう」

 

「「確かに……」」ロップとルーシーが見事にハモリました。

 

「とゆうことは……。杖の中では大人しいエネルギーが、ルーシーに移動すると暴れ出すってこと……?」

 

「暴れる、か。確かにそんな感覚を、いや、気配を感じてはいるが」

 ルーシーが発光する拳をグーパーしながら呟きました。

 

「フフフ……ロップ。分かったよ。デメリットを消す方法が」

 

「ほんと?」

 

「ああ。製作開始だ。ルーシーはちょっと待っていてくれ」

 

 

 

 ライとロップが作業している間、ルーシーは全速力で路地裏を疾走すること三十分が経過したところで、ようやく二人から完成の連絡が来ました。

 

「はいコレ」

 そう言ってロップが差し出したのは小さな黒い立方体のペンダントでした。

 

「なにこれ?」

 ルーシーは興味深げに受け取ります。

 

「それはゴーレムの心臓を加工したものだ」

 

「ごーれむって……あの岩でできたモンスターの?」

 

「そうそう。あいつらから手に入る心臓は、SFファンタジー系統の機械系オブジェクトの製作によく使われるんだよ」

 ロップの説明をライが引き継ぎます。

「ゴーレムは心臓が発するエネルギーを岩石に流して体を形成しているのだよ。これを応用して、アバターに吸収されたエネルギーが暴れないよう、制御するプログラムを書いてみた」

 

「つまり……これを身に着ければ、私はゴーレムになるのか?」

 

「んー。まぁそう言えないこともない。一応、ゴーレムが蘇ってルーシーの体を乗っ取ったりしないよう、対策はしたぞ」

 

「ライの設計は信頼できるよ。いつもは頭が残念な感じなんだけどね」

 

「ったく。最後が余計だ」

 

 言い合う二人をよそに、ルーシーはペンダントと指輪と杖を装備します。

 

 

 

「よし。はじめるぞ」そう言うと、ルーシーは背負った杖の柄をゆっくりと掴みました。

 

 すると、杖を掴んだ拳を起点に、彼女の体に光が流れ込みました。体を伝わる速度が以前よりも格段に早く、スムーズになっています。

 

「HPはどうだ?」

 

「減っていない。……すごいな。体が軽くなったぞ」

 

「エネルギーの伝導率も上げたからね。出力上限は約1.5倍になっているはずだよ」

 

「最高だな! 本当に助かる。ありがとう!」

 

ルーシーは満面の笑みで迸る力を味わって言いました。

 

「お役に立ててなにより」

 

「そうだ。これいくらだ? 言い値で払うぞ」

 

 ルーシーの言葉に、ライとロップは頷きあってから言いました。

 

「いや、金は要らない。私たちが作りたかったから作っただけだからな」

 

 アイテム製作で満足したライとロップは、情報屋に支払った百円など欠片も惜しんいませんでした。

 

「その代わりといってはなんだけど、連絡先交換しない? 一緒にモンスター狩りしたいし」

 

「いいのか? ……こちらとしても願ったり叶ったりだ」

 

 ルーシーは二人と連絡先を交換してから言いました。

 

「二人はこの後行きたいところはあるか? 良ければ運んでやるけど」

 

「ああ、だったら家に」

 

 そう口走ったライと、ついでにロップが、気付いたときにはルーシーの肩に担がれていました。

 

「方向はどっち?」

 

「え、ちょっ。まさか!」

 

「レッツゴー!」

 ライがビシッと指さした方向へ、ルーシーが超高速全力疾走を始めた直後。

ロップの叫び声が路地裏全体に響きました。

 

---END---

 

 

閑話休題:運営=神の使徒?

 

 天井まで続く巨大な本棚が、壁にそって並ぶ巨大な図書館。フロアの中央にぽっかりと開いた吹き抜けからは、上下階がどこまでも続いているように見えます。

 

 ここはライとロップが日夜遊んでいる複合現実ゲームの開発現場です。

 現場といっても仮想空間なので現実には存在しません。

 社員は全感覚没入型VRマシンを使ってこの空間にアクセスし、業務に勤しんでいます。

 

「あれ? ここって何階でしたっけ?」

 可愛い男の子アバターが一人、首を傾げて呟きました。隣にいた精悍な顔つきの男アバターがすぐに返事をします。

 

「ここは二階。ほらあそこに書いてある」

 

「あー本当だ。……ていうか、なんでこのオフィスは空間がループしてるんです?」

 

「さあ。俺にもわからん。お上(かみ)が決めることはみんな理解できないよ」

 

 この建物は四階建てです。けれど五階に上がる階段はあります。上がった先はなぜか一階にたどり着くのです。

 つまり、吹き抜けから身を乗り出すとずっと下の方に自分の姿が見えるのです。

 

「もうわけわかりませんよ。昨日までは三階しかなかったのに、今日は四階があるし。蔵書は増えてるし」

 

「お上が本を増やすのは珍しくないぞ。むしろ、参考資料として集めてもらってるわけだから、ありがたく読んでおいた方がいい」

 

 男が言った“お上”とは、このゲームのシステム全般を管理するAIのことです。

 AIはネットから情報を吸い上げて新しいアイテムやモンスター、クエストを生成するのですが、その参考資料を蔵書として本棚に“勝手に”追加していきます。そして本棚がいっぱいになると、新しい階層が増えていくのです。

 

 男たちは静まり返った図書館をペタペタと歩いて進みました。

ゲームの運営はAIの導入によって少ない人数でも可能になりました。さらに、四階層もフロアがあると人口密度はかなり下がります。

作業スペースへとたどり着いた彼らへ、不意に声が掛かりました。

 

「おぉ、いたいた。蔵書の整理ご苦労様です。四階はどうでしたか?」

 司祭のような服を来た女の子が、老人のような喋り方をして言いました。それに対し、男が丁寧な、けれど親しみのある調子で応えます。

 

「部屋のレイアウトは問題ありません。ただ、他の階から蔵書がいくつか移動していました。……しかし、訊くらいならご自分で散策されては?」

 

「ふふ、それもそうだ。今度見に行くとしよう。ところで、新しいアーティファクトの審査を兼ねて、ちょっと相談したいことがあるんだ。来てくれ」

 

 こうして、司祭風の女の子と、精悍な顔つきの男と、可愛い男の子の三人が連れ立って本棚の隙間にある扉の奥に入りました。

 

「適当に座ってくれ。茶でもだそうか」

 

 女の子がソファに座り、ホロウィンドウを操作すると緑茶が現れました。 

差しだされたモノを飲んだ二人は、実に微妙な表情を浮かべます。

 

「ゴホッ。……ずいぶんと刺激的な味だ」

 

「わあ。なんですかこの味」

 

「新しいフレーバーを試したんだ。感想を聞かせてくれ」

 

「まさか試し飲みが相談内容ではないでしょう。早く本題に入ってください」

 男はよほど味が気に入らなかったのか、渋い顔で言います。けれど、男の子のほうは違いました。

 

「フムフム。これ、果物を入れました? フルーティな香りと、これは……ブラックペッパーかな? スパイスが喧嘩せずに馴染んでいて、とても面白いと思います」

 

「おぉそうかそうか。私も結構気に入っているんだ。よかったらレシピを教えよう」

 

 得意げに何度も頷いた女の子が、男の子にメモ用紙を渡している横で、男は呆れたように言いました。

 

「仕事中に何やってるんですか」

 

「これも仕事のうちだよ。新しい発見のためには肩の力を抜くことも重要なのだ。……と、いけないいけない。本題を忘れるところだった」

 

 女の子はそう言うと立ち上がり、近くのデスクからファイルを持ってきます。

 

「AIがさっき寄越したアーティファクトだ。確認を頼む」

 

「どれどれ? ……へぇ。和風ファンタジーですか。相変わらず妙な品物ですね」

 

 男の子がファイルを覗き込んで読み上げます。

「えーっと? “幻の枯山水から持ち出された石。見えない流れを発生させる。持ち主をどこかへ導くが、それがどこかはわからない”……? これ何の役に立つんですか」

 

 AIが自動生成したアーティファクトは、人の目で一つずつ確認されます。ゲームとしての矛盾がないか、システムエラーを起こすようなものではないか、安全だと確認されたものから順にゲーム内に実装されていくのです。

そう、判断基準はシステムにとって安全かどうかです。なのでライとロップが集めているような武器防具として欠陥があるようなモノですら、審査を通ってしまいます。いえ、むしろ積極的取り入れている節があるのです。

 

「妙なモノは面白いだろう。強い道具は皆を強くする。それじゃ味気ない。銃を持ったからといって怪力が得られるわけでも、まして神になれるわけでもない。練習しないと扱えないんだよ。人間が道具を手にして、それをどうやって使うか考える。これが面白いんだ」

 

「はぁ。私にはわかりませんね。わかりたいとも思いませんが」

 

「とりあえずこちらで預からせてください。コードが安全か見ておきます」

 男の子がファイルを受け取りました。

 

「うむ。頼んだよ。……それと、こちらが本題なんだが。今回はAIがイベントの開催を要求してきた。和風ファンタジーなイベントをご所望だ」

 

「お上のお告げはいつも急だな。それで? キーワードはなんです?」

「“妖術”だ。今度のアップデートと同時に妖術にまつわる大イベントを開催すれば、我々の利益アップが狙えるらしい」

 

「はぁ。なるほど。……わかりませんね。でも、従いますよ。そういう契約なのでね」

 

 AIはネットに存在する膨大な情報から結論を導きだす。しかし内部がブラックボックスになっていて人間にはなぜその結論に至ったのか理解できない。ただその意思に従うことで、人類は大きな恩恵を得てきたことは事実でした。

 

「僕らは何をすればいいんですか?」

 

「とりあえず蔵書の中から妖術に関するものを洗い出してくれ。AIの意図を知りたい」

 

「わかりました。すぐに調べてきます」

 

「頼む。……イベントまでの三週間、忙しくなりそうだ」

 

 部屋を出た三人は、自分の仕事のために足早に動き出した。

 

 

---END---

 

 

 

長編小説:オーグメンテッドビーイング

 

 

 拡張現実によって現実世界とデジタル世界が重なって存在する近未来の街を舞台にしたSF小説を書きました。

小説投稿サイト「ノベルアップ+」にも投稿しています。

ノベルアッププラス↓

novelup.plus

 

第1話 存在が拡張されるとき

 

 人は同時に二か所に存在することはできない。肉体が一つしかないのだからそれは当たり前のことだった。
 しかし、複合現実テクノロジーが発展し、人々は仮想体「アバター」を操ることで幽体離脱のように肉体に縛られない存在となれる技術を手に入れていた。

 MRMMO(複合現実多人数)対戦ゲーム「オーグメンテッドビーイング」は今や爆発的な人気を誇っている。
 英語で、オーグメンテッド” Augmented”は「拡張された」、ビーイング” being”は「存在」という意味だ。
 プレイヤーにとって、仮想世界は現実となり、ゲーム上の努力は現実の力になる。

 平凡な大学生である「月村 直紀(つきむら なおき)」もまた、そのゲームの熱心なプレイヤーだった。
 大学の講義が終わり帰宅した彼は、既に日が沈み暗くなった窓の外を眺める。
「オーグのプレイヤーも増える頃か…観戦に行こうかな」
 オーグというのはオーグメンテッドビーイングの略称だ。

 彼は机の上に無造作に置かれていた眼鏡型の装置「AR(拡張現実)グラス」とグローブ型コントローラーを装着し、自室の隅に設けられたランニングマシンのような装置に乗る。これは自身の肉体はその場から動かずにデジタル世界で自由に歩くための歩行装置だ。

 オーグを起動した彼の目の前に灰色の衣装を纏った細身の男が音もなく現れる。しかしこれは、現実にそこに誰かがいるわけではない。ARグラスによって視界に投影されたデジタル世界の住人だ。そしてこの細身の男こそが、直紀がデジタル世界を生きるためのアバターなのだ。

 ARグラスのVR(仮想現実)モードを起動する。VRモードとは、周囲の景色を遮断して視界一面に3D映像を写す(つまり、VRゴーグルにする)機能のことだ。

 次の瞬間、直紀は自分がついさっきまで眺めていた灰色の細身の男になっていた。
 部屋を見回す。すると、部屋の隅にある歩行装置に乗り、ARグラスを被って周りを眺める「月村 直紀(つきむら なおき)」がいた。

「何回やっても不思議な感じだ」

 そこはもう現実ではない。オーグメンテッドビーイングが作りだす、現実と重なって存在するデジタル世界だった。
 アバターは窓を開けて外を観察する。もちろん、現実の窓は依然として閉まっている。

 彼は周囲を確認した後、窓枠に足をかけ暗闇に身を躍らせた。


XXXXX


 一年前のある日。
 僕「月村直紀」はオーグがリリースされるやすぐにプレイし、その虜になった。
 理由は2つある。

 第1に、その手軽さにあると思う。オーグは、ARグラスとゲームパッド(一般的なゲームコントローラー)があれば、例え仮想現実内歩行装置などのVRデバイスが無くても利用できる。もちろん、実際に体を動かすわけではないから没入感は減るんだけれど、家庭用ゲーム機のように操作できる。

 第2に、アバターを操作していなくてもオーグを起動すれば、デジタル世界を見ることができる。つまり、他のプレイヤーとの交流や、戦闘の観戦ができる。
 オーグのゲームシステムは、コンピュータが操るモンスターや他のプレイヤーを倒せばポイントが得られ、そのポイントを消費してアバターを強化、または、アイテムを購入/製作する仕組みだ。
でも、オーグはもはやただのゲームではなくなってきてる。戦闘に特化したアイテムがある一方で、現実とほぼ同じクオリティの世界であるために、この仮想空間を利用している個人、団体、企業も多い。
あらゆる人間がこのデジタル世界を利用している。

 だけど、もし戦闘に負けたら、ペナルティとして一定量のゲーム内通貨と、武器などの戦闘用アイテムすべてを失う。プレイヤーに負けた場合は、失ったアイテムは勝利者の戦利品となる。
 ちなみに、オーグには課金システムもあり、ゲーム内通貨を現金に換金することもできる。
 年に数回開かれる大会では賞金がでる為、これで稼ぎを上げている人もいるんだとか。

 でも、残念なことに僕は弱い。戦闘のセンスが無さ過ぎた…。
だから観察することを選んだ。現実をそっくり写したデジタル世界でアクション映画のような戦いを見ると、スリルと興奮を感じるから。

 それから僕はアバターの衣装を灰色にした。
 デジタル世界に出現するモンスターやプレイヤー対プレイヤーの戦いを観察するには、目立たない方がいいんだ。万が一、好戦的なプレイヤーに見つかったら対戦を挑まれるかもしれない。
だから他のプレイヤーから逃げ隠れしつつ、デジタル世界を走り回って観察し続けた。

でも、自分から戦うことができなくても、僕はこの世界が好きだ。

「つまらない現実を愉快な世界が飲み込んでくれるから」


 現在
 僕はアバターで自室の窓から飛び出た後、派手で見応えのある戦闘を求めて街をさまよっていた。

「何かおもしろいことはないかなー」

 周りには少なからずプレイヤーの姿があった。もちろん、プレイヤーの誰もが好戦的というわけではない。僕のように観戦を楽しむ者や、他のプレイヤー(アバターではなく現実に街にいる人)と他愛ない交流を楽しむ者、ショップでアイテムを買っている者、売っている者……実に様々な人がいる。
 そんな雑踏に紛れて街を歩いていく。

 歩き続けて人気が少なくなったころ、路上の一角に貼り紙があることに気付いた。

「なんだこれ……デジタル世界の紙?」

 それは現実の物体ではなく、デジタル世界にのみ存在しているものだった。
(なんて書いてあるんだろ?)
 その貼り紙には━━、

「完全歩合制、メッセンジャー募集中! 逃げ足の速い人歓迎!」

 どうやらバイト募集の告知のようだ。

「どうみても怪しい…」

 怪しくないわけがなかった。現実世界ではなくデジタル世界で、しかもメールや掲示板ではなく路上で貼り紙の告知…。現実世界で貼り紙を貼ればデジタル世界でも表示されるにも関わらず、敢えてデジタル世界だけに貼る。しかも最後の一言が謎だ。

(でも、最近時間を持て余しているし、興味あるな)

 おもしろそうなことを探していたこともあって「金が稼げるなら…」と、僕は求人主に連絡することにした。

 この求人が、僕の人生の大きな転機になろうとは、このときはまだ知る由もなかった。

 僕が見つけた貼り紙の隅にはこんなことが書かれていた。

「応募するならこの貼り紙を剥がして捨てておいてください」

 奇妙だ。この求人主は、自分で告知しておきながら人が集まることを避けているらしい。
 謎は増えるばかりだ。

 指示通りに、とりあえず貼り紙は剥がしてから、覚悟を決めて記載されている連絡先にメールを送ってみる。文面は迷ったが、個人情報をできるだけ伏せて書いてみた。

「件名:バイトに応募します
 メッセンジャー募集の貼り紙を見ました。
 失礼ですが、念のため個人情報は伏せさせていただきます。
 僕を採用する気があるなら返信よろしくお願いいたします。」

 我ながら失礼な文章だと思う。でもしかたない。こんな怪しい求人主に自分のメールアドレスを教えるのも十分危険なんだから……。

 「今日はこの辺にしとこう」

 メールの返信がすぐに来るとは思えない。僕はオーグからログアウトした。

 翌日
 昨日と同じようにオーグにログインした僕は驚いた。

「あ……本当に返信がきてる」

 急いで内容を確認した。

「件名:Re:バイトに応募します
 応募ありがとうございます。
 個人情報を伏せたのは良い判断ですね。その慎重さと度胸はこの仕事に向いていると思います。
 詳細はアバターで会って話したいので希望の場所と日時を教えてください。」

(意外にも人間味のある内容だな……)

 もっと素っ気ない文章が返ってくるもんだと思っていた僕は驚いた。しかも、個人情報を伏せたのに相手は気にしていないどころか、肯定的なようだ。
 とりあえず希望場所と日時を送ってみたところ……返信はすぐに来た。

 その後、何度か予定を調整するやり取りをして後日会うことになった。

 待ち合わせ当日
 僕は待ち合わせ場所に家から少し離れた公園を選んだ。

 自宅でオーグを起動してアバターを走らせること数分、目的の公園にやってきた。アバターの身体能力は現実の肉体より優れている。僕のアバターは逃げ隠れのために移動能力を強化しているからあっという間だった。

 この公園は何の変哲もないただの公園だけど、周りに木が植えられているから周囲の住宅街から狙撃するのは難しい。

(もうすぐ約束の時刻だ……)

 すぐに待ち人は見つかった。メールで確認した外見通りのアバターが大きな木の下に佇んでいる。周りに他のアバターは見当たらない。
(もし待ち合わせが罠で、この求人が新手のポイント稼ぎだったとしたら……僕は瞬殺される)
 念には念を入れて周囲の安全を確認していく。
 どうやら近くに攻撃してきそうなプレイヤーはいないようだ。
 僕は求人主と思われるアバターに近寄り、声をかけた。

「あなたがメッセンジャーのバイトを募集した方ですか?」

 求人主は若い女性の姿をしていた。
「ええ、そうです…あなたが応募してくれた人ですか」

 声も若い女性のそれだった。オーグで会話する際、音声はARグラスに内蔵されたマイクに拾われてアバターから発信される。つまり、変声器でも使っていない限り、性別は現実と同じようだ。

 少し苦笑交じりに彼女は言った。
「そんなに緊張しなくても大丈夫ですよ……それとも警戒しているんですか?」

 どうやら心を読まれたらしい。

「あんな怪しい求人を出すのは一体どんな人なんだろうと思っただけです…」
 僕は「しまった」と思った。これではあまりに失礼だ。人と話すことが苦手とはいえ、もう少し考えて物を言わないと。
 しかし、時間は巻き戻らない。緊張して相手の返事を待つ。

「すみません。大っぴらに求人できない理由が有りまして……。でも怪しいものではありませんよ」
 良かった。彼女は特に不愉快には思っていないらしい。というか「怪しくない」って怪しいやつがいう台詞だと思う。
 それに、求人主は平静を装っているけれど、縋るような目を僕に向けてきている。

(とりあえず話しを聞いてみるくらいは良いかもしれない……バイトもやってみたいし)

「わかりました。面接は…どこか落ち着いて話せるところでしますか?」
「それなら私の事務所にしませんか。ここからそれほど遠くありませんし」

 もしこれが現実世界ならついて行かないだろう。しかし、今はアバターだ。危険を感じればログアウトすれば良い。
(不意打ちさえ気を付ければ問題はないかな)
 そう判断した僕は彼女について行くことにした。

 それから求人主に連れられて歩くこと数分。僕たちは路地裏にある、一つの扉の前に到着した。
「この扉……現実には存在しないものですか?」

 デジタル世界では通常、現実が薄く表示されていて、アバターでは現実の物体は基本的に動かせないようになっている。しかし、目の前の扉は現実の投影には存在しないし、どうやらアバターでも動かせるようだ。

「ええ、そうですよ。ショップで1000ポイントする「ベースルームドア」というアイテムなんです」
(ベースルームドア……確かにそんなものがショップにあった気がする)
 1000ポイントなんてそう簡単に獲得できるものではない。彼女は戦闘に物凄く強いのか、もしくはリアルマネーをつぎ込んだのだろうか。

 彼女が説明を続ける。
「このアイテムは一定の大きさの平たい壁に設置して使うんです。で、設置するとそのドアから「ベースルーム」という空間に入れるようになります。ベースルームは現実の空間から独立しているので、実際にはこの建物には存在しない場所なんですよ。まぁ、一度ドアを設置すると再設置できなくなるんですけどね…」
「へぇ……そんなアイテムがあったんですか」

 どこか誇らしげに説明する彼女を見て、僕は少し警戒を緩めた。

(この人…案外普通の人かも……)

「ようこそ。私の事務所へ」
 彼女がドアを開けて中に入っていく。
「お……お邪魔します」

 部屋の中はそこそこ広い。真ん中に来客用のソファと机があり、その右側には執務机がある。一方、入って左側手前には工房だろうか…。アイテム作成に必要なものが揃えられていた。さらに左奥にはいくつも棚が並んでいて、まるで倉庫のようになっている。

「あれ……窓がある? ベースルームは現実とは独立した空間なんじゃ?」
「ふふ。すごいでしょう。ベースルームは色々カスタマイズできるのよ」
「じゃあこれは窓を再現した作りものってことなんですか…」
「ええ、そうよ。だから、その窓から外にでることはできないわ。ここを出入りするにはあのドアを使うしかないの」

(へぇ……オーグにこんな空間があったなんて。僕もポイントを稼げていればなぁ……)

 戦いに勝てないからポイントを稼げていない。必然的にショップで見るものは安物の装備くらいだった。
 ゲーム内通貨の「ゴールド(G)」は1000ゴールドで1ポイントと交換できる。ポイントはアバターのステータスを強化できるもので、モンスターを一定数倒した報酬としても獲得できる。リアルマネー1円で1ゴールドだから、1000ゴールドは1000円。1000ポイントは100万ゴールド。つまり、100万円課金すれば、一回も戦闘を行わずにベースルームドアが買える計算だ。

「課金でも無理かぁ……。モンスターをコツコツ倒せばいつか買えるかな……」
 弱いモンスターは一匹倒して10ゴールド。時々アイテムも戦利品として獲得できる。

「ベースルームドアが欲しいの?あなたも物好きな人ね。これ持ってる私が言うのもアレだけど、普通のプレイヤーなら自分の家で事足りるでしょう?」

 そのとおりだ。オーグでは基本的に個人の建物には入れない。例外なのは公共エリアと、自宅の中でオーグを起動した場合だ。
 建物内でオーグを起動した場合、内側から窓やドアを開けることはできても外からは開かない。プライバシーの問題があるからだ。そのため、自宅を倉庫代わりに使っているプレイヤーは少なくない。

「そうなんですけど……面白いじゃないですか。空間が拡張されてるみたいで」
「まぁ、分からなくもないかな。私は仕事の為に買ったんだけどね」

 彼女は何か思い出したようにこちらを見た。
「そんなことより、私の事務所の来たのは面接の為なんでしょう?とりあえず、そこに座りましょうか」
 そう言って彼女は部屋の真ん中にあるソファに座る。僕も机を挟んで反対側にあるソファに座った。
 デジタル世界で椅子に座る場合、歩行装置に付属しているワイヤーによって腰のあたりから上に吊り上げられる状態になる。
 この仕組みのおかげで空中に浮いているような状況などもリアルに再現されるため、かなり自由に体を動かすことができる。

「まずは自己紹介ね……。私は「ミドリ」よ。好きに呼んでくれて構わないわ」
「僕は「ダートム」です」
「ダートム?変わった名前ね」
「ドイツ語で「日付」って意味です」

 僕は名前に「月」や「紀」など暦に関する漢字が使われているから、自分のアバターには暦から連想して日付という意味の名前を付けた。音の響きが気に入っている

「ふーん……。名前はわかったわ。じゃあ次、このバイトに応募した理由は?」
「何か面白いことはないかと街を散歩してたところに求人の貼り紙を見つけたんです。それで、好奇心を抑えきれず思わず連絡しました。…金が稼げるなら何でもよかったんですけどね」
 またしても正直に言ってしまった。これでは本格的に相手の気分を害しかねない。
 自分の会話能力の低さにうんざりしながら彼女、ミドリさんの反応を待っていると。
「まぁ、そうよね。あんな怪しい貼り紙に連絡する理由なんて……。でも、正直な回答は嫌いじゃないわ」
 と、苦笑いで僕のことを見てきた。どうやら怪しさ満点の自覚はあったらしい。

(公園で、大っぴらにできない理由があるとか言ってたっけ。どんな事情なんだろう)

「ところで……、もし答えたくないなら無理に言わなくてもいいんだけど、あなた、普段の職業は?」
 彼女は話題を少しでも早く変えたいらしく、僕のことについて質問してきた。
「仕事はしてません。大学生です」
「あら、そうなの。私と同じね。教えてくれてありがとう」

(大学生だったのか……。僕と年も近いのかも……)

「あの、仕事の内容は具体的にどんなことをするんですか?」
「アイテム取引の為に荷物を届けて欲しいの。簡単に言えば自転車便のようなものね。私は「メッセンジャー」と呼んでいるわ。依頼された荷物を、指定された時間、指定された場所に届けるの」
「まさか、違法薬物とかじゃないですよね……?」
「いいえ、大丈夫よ。実際に活動するのはこのデジタル世界なんだから。荷物は武器とかのアイテムが大半よ」

(なんだ…普通に安全みたいだな)
 僕は安堵した。

「あれ? でも変だな。アイテムの取引ならゲーム内のアイテム転送機能を使えばすぐに運べるんじゃ?」

 オーグにはアイテム転送機能がある。街の数か所に転送端末が設置されていて、端末間でアイテムを転送できるものだ。送信者が、受け取るプレイヤーを指定して送りたいアイテムを端末に備え付けられたボックスに入れる。受け取るプレイヤーが転送先の端末に行くと転送されたアイテムが出てくる仕組みになっている。

 彼女はなにか呟いている。
「それは……。そうよね。説明しなきゃいけないわよね……」

 彼女は神妙な顔で僕を見た。
「最近オーグで、転送されたアイテムを受け取った直後に誰かに攻撃されたっていう噂…聞いたことない?」
「あ……聞いたことあります。相手の顔を見る前に瞬殺されるって話。マナー違反もいいところですよね」
「ええ。でも、マナー違反どころの話ではないの」
「マナー違反どころじゃない?どういうことですか?」
「多分、転送端末を使った記録を誰かが不正に利用しているんだと思う。」
「それってまさか、つまりオーグのシステムがハッキングされてるとか……?」
「うん。だから私はメッセンジャーを広めたいの。直接プレイヤーが移動してアイテムを届ければ端末で奇襲されることもないし、メッセンジャー本人は手数料を依頼人から貰えるから多少稼げるしね」

「ちょっ、ちょっと待ってください……。システムがハッキングされてるならそのうち運営が解決するんじゃ?」
 オーグは現実をほぼリアルタイムで3Dモデル化している。そのため、プライバシー保護の観点からセキュリティ管理を厳重にしていると聞いたことがある。もしそんなところにハッキングできるのだとしたら世界中で批判の声が挙がることは間違いない。


「えっと、それは。ごめんなさい。今は「運営は問題を解決しない」としか言えないわ」

(!……なぜそんなことが分かるんだろう?)
 そもそもなぜ現実の3Dモデル化が可能なのか。その技術は一切公開されていない。オーグの開発・運営を行っている「トランスオービット社」が技術を秘匿しているからだ。
 そんな企業の内部情報を知っているミドリさんは何者だろうか。
「まぁ、とりあえず。メッセンジャーが必要な理由はわかりました」
 いろいろと分からないことだらけだった。でも彼女は事実を隠しこそすれ、嘘をついている気配はない。
 それに、今は受け入れて話を聞くしか選択肢がなかった。
 そんな僕に追い打ちをかけるように目の前の求人主は言葉を続ける。
「でも……」

 彼女が口ごもった。嫌な予感がした。
「荷物を運ぶときなんだけど……。襲撃から守りながら逃げてほしいの」

「え!?」

(やっぱりこのバイト危ないやつだ!)

「実は、前にもメッセンジャーに応募してくれた人がいたんだけどね。運んでる最中に、まるで狙ったように襲撃されて……。そんなことが何回もあって、前の人はすぐにやめちゃったのよ」
「それって、メッセンジャーに依頼したことが襲撃した人にバレてたってことですか?」
「たぶん。そういうことになるかな……」
 ミドリさんは悔しそうに顔をしかめた。

(そうか……システムにハッキングした人は転送端末の記録以外の情報も見れるのかも……)
 ますますオーグのセキュリティが心配になってきた。

「なるほど。それで貼り紙に「逃げ足の速い人歓迎!」って書いたんですね」
「そのとおりよ。……どうする?あなたがバイトはやっぱりやめたいって言うなら……止めはしないわ」
ありがたいことにミドリさんは僕に仕事を引き受けるか確認の機会をくれた。
(どうしよう……。でも逃げ足なら自信ある。それに、もし襲撃されて倒されても失うアイテム全然もってないし、彼女が隠していることも気になる)

 ここまで、散々『怪しい』『危ない』と思ってきたけれど、結局は応募のメールを送った時点で決まっていたのかもしれない。
「僕、このバイトやりたいです」
 今僕はどんな顔をしているのだろう。自分でもよくわからない。きっと暗く歪んでいる。
━━本当は仕事内容なんてどうでも良かったのかもしれない。
 現実で居場所がないから、せめて自分が好きな世界の中でくらい、特別な居場所が欲しかった。そんな邪な気持ちだった。
「!……ありがとう」
 そういう彼女の笑顔は、僕の考えとは反対に、とても輝いて見えた。

 僕の悪い癖だ。すぐに自己嫌悪に陥ってしまう。頭を振って思考を目の前の会話に集中させる。
「でも、荷物運びをメッセンジャーに依頼する人なんていますかね?自分が直接狙われないとしても、依頼したメッセンジャーが襲撃されたんじゃ結局取られちゃうかもしれないし……」
「その心配はないわ。ストレージのアイテム保護枠に入れておけばいいの」

 オーグにはストレージ(貯蔵庫)に保護枠が2つある。保護枠とは、アバターが倒されても自分のアイテムを戦利品として奪われないように設定できる機能だ。普通のプレイヤーはこの枠に自分が最も使うであろう武器や防具を設定しておく。

「確かに、保護枠に入れれば荷物は守れますね…。でもそれじゃあ自分のアイテムは一つしか守れないじゃないですか」
「それは仕方ないの。メッセンジャーは大事な武器を奪われるかもしれないけど、そのリスクと保証があるから依頼主に手数料を多少高くしても払ってもらえるし」
「なるほど」
 それなら依頼は来るかもしれない。僕は深く頷いた。
 オーグをプレイしていても僕のように対人戦を避けている人は少なくない。そんな人達には確かに需要はありそうだ。
 ミドリさんは僕が納得したことを確認すると、話を切り替えた。
「でも、本格的に採用するかはあなたの実力によるわね。ステータスを教えてくれる?」
「わかりました」

 僕はオーグのメニューを開いて、ミドリさんにステータスを見せた。

<名前>「ダートム」
<レベル> :10
<EXP>:12/100
<HP> :100/100

<ステータス>
STR:1
VIT:1
DEX:2
AGI:4
CR:2

<装備>
武器
右手:ノーマルナイフ
左手:ノーマルハンドガン

防具
頭:なし
胴体:ノーマルコート(灰色)
手:ノーマルグローブ(灰色)
足:ノーマルスラックス(濃紺色)
装飾品:
 1:重量軽減ベルト
 2:静寂の指輪

保護枠
 1:重量軽減ベルト
 2:静寂の指輪

 レベルは初期値が5だ。5種類のステータスそれぞれに1が割り当てられた状態で始まる。ステータスに1ポイント振り分けるたびにレベルが1上がる。
 EXPは経験値だ。倒した敵 (モンスターもしくはプレイヤー)のレベルが自分より下ならカウントが1増える。レベルが自分より上ならカウントが2増える。カウントが100に到達すると1ポイント獲得できる。

 HPは体力(ヒットポイント)、STRは筋力(ストレングス)、VITは生命力(バイタリティ)、DEXは器用さ(デクステリティ)、AGIは敏捷性(アジリティ)、CRはアイテム製作(クラフト)のことを表している。

「ん?レベルは低いのね。オーグは初めたばかり?」
「いえ、リリース直後からやってます……。でも戦いに勝てなくて、ずっと観戦ばかりしてました」
「なるほど……」
 ミドリさんは暗い顔をした。

(やっぱり戦闘で勝てないとダメなのかな……)

 僕はオーグがリリースされてからの一年間、レベルをたった5上げるのがやっとだった。武器、装備は店売りの安いものを買って色を変えただけ。お世辞にも強いとは言えない。

「ふむふむ。武器と防具は店売りのものか……。でも装飾品は、なかなか面白いものを付けてるね」

 そう、装飾品だけは良いものを付けている。重量軽減ベルトはその名の通り、アバターが軽くなるベルトだ。これを付けておくと通常より高くジャンプできるし動きも軽やかになる。ただでさえ装備している防具が布の服ばかりなので、アバターはとても軽い。もう一つは静寂の指輪だ。この指輪は自分から発生する足音、物音の音量を小さくしてくれる。この二つの装飾品はどちらもモンスターからの戦利品で、少しレアなものだ。

 その効果を確認した彼女は、さっきと打って変わって明るい顔をした。
「へぇ……!さっき観戦ばかりしてたって言ってたけど、この装飾品は役に立ったでしょ!襲撃者から逃げ隠れしながら走るのにぴったりね。この二つはメッセンジャーでもきっと役に立つと思う!」
 彼女は興奮気味にそうまくし立てた。よほどこの装飾品が気に入ったらしい。

「じゃあ採用ですか……?」
「うん!これからよろしく!」
「こ…こちらこそよろしくお願いします」
 これから面白くなりそうだ。それに、ミドリさんはなぜか放っておけない気がした。

 

第2話 戦えない理由

 無事にメッセンジャーに採用された僕だったが、待っていたのは荷運びの仕事ではなく作戦会議だった。

 

「あなた、初仕事の前にもっと強くならないとダメね」

「うぅ! …でも襲撃者から隠れる自信ならありますよ」

「隠れるといっても簡単にはいかないと思うわ。前のメッセンジャーが繰り返し襲われたと言ったでしょう?奴らはプレイヤー狩りのプロみたいなものよ」

「そんなに強いんですか…」

「うん。それに、複数人で攻撃してくるはず。だから、まずはあなたの実力を見せてほしいの」

 

 そしてミドリは少し俯いてから呟いた。

「それに…もしあなたがやめてしまったら…次は応募が来ないかもしれないし」

 

「今は、やめる気はありません。 とりあえずモンスターでも探してみますか」

 

(ミドリさんはやはり何か隠している。オーグの運営のハッキング問題も知っていたし、一体どんな事情があるのだろうか?)

 

 

 僕らは腕試しの為にモンスターを狩りにいくことにした。

 

 オーグのモンスターは街の至る所に出現する。しかし、プレイヤーが多いので出現した片っ端から倒されてしまうためあまり姿を見ることはない。

 また、一口にモンスターといっても様々な種類がいる。ファンタジーに出てくるゴブリンやオークがいる一方で、ロボットのようなものもいる。上空には鳥型モンスターやドローンなども出現して、ジャンルは様々だ。

 

 事務所を出て人が少なそうな道を選びながら歩くこと数分、閑静な住宅地でやっとモンスターを発見した。

 

「あれは…ロボですね」

 

 無機質な白い装甲を付けた人型ロボットがこちらに背を向けて歩いている。

 

 オーグでは、敵を攻撃するか攻撃されるまでHPと名前を見ることはできない。

「名前は確か… 【Wandering Android】だったかしら」

「ワンダリングアンドロイド…意味は「徘徊するアンドロイド」。そのまんまの名前ですね」

 

 話している間にもその名前通り、アンドロイドはトボトボ歩いて遠ざかっていく。

 

「そんなに強くない相手だと思うから、ちょっと戦ってみてくれる?」

「…わかりました」

 

(どうしよう…。ロボットは装甲が固いから安物のナイフよりハンドガンを使うか…。でも、銃弾はそんなに買っていないから無駄使いできないし…)

 

 そう、僕(ダートム)は筋力をほとんど上げていない。接近戦は特に苦手なのでいつもハンドガンを数発撃てば勝てるような、レベルの低いモンスターとばかり戦ってきた。

(というか…戦闘は全力で避けてきたんだよな。 でもこれは腕試し。しっかり全力をだして実力を把握してもらわないと)

 

 意を決して深呼吸する。

 

(気付かれる前に倒す!)

 

 その瞬間、僕は現実の自分を忘れてアバターと一つになっていた。

 近くにあった3階建ての住宅に向かって、足に力を込めて思い切りジャンプする。

 

(今の僕は自由だ)

 

 現実のしがらみや圧し掛かる重力、その全てから解き放たれてどこまでも行ける。そう思った。


一瞬の浮遊感の後、屋上に音もなく着地した。

 

 ダートムにとって重量軽減ベルトの効果はキャラクターのアイデンティティそのものと言っても過言ではない。


 建物の屋上伝いに、走って跳んで繰り返すこと三回。アンドロイドに一番近い建物の屋上に到達した。

 

(敵にはまだ気づかれていない)


 ナイフを持った右手に力がこもる。現実では触覚再現グローブ越しに硬質な感覚が伝わってくる。

 自分と敵の距離を確認し、ナイフを逆手で構えた。

 

(ここから敵に向かって跳んで、落下の勢いのままナイフを突き刺させば…装甲を貫通できるはず!)


 ロボは大抵、装甲が固いだけで、その下の金属フレームに攻撃すれば簡単に倒せる。

 

 僕は敵の真上に向かって大きくジャンプした。

 アンドロイドは地面に移った僕の影に気付いて振り仰ぐが、もう遅い。
 一瞬で距離を詰めた僕は、落下の衝撃を全てアンドロイドに叩きこむ勢いでナイフを突きたてた。

 アンドロイドの左肩にダメージエフェクトが散り、ナイフが金属フレームを叩き割った感触がグローブ越しに伝わってくる。

 

 攻撃認定されて僕の視界に敵のHPと名前が表示される。
 急激に減っていく敵の体力を見つめた。

 僕は勝利を確信した。が、詰めが甘かった。
 そして、気づいた時には吹き飛ばされていた。

 HPが僅かに残ったアンドロイドが右ストレートを放ったのだ。

 

「くっ!」

 

 体が軽いとノックバックが大きくなる。
 一発殴られただけで10メートル飛ばされた。
 もし重量軽減ベルトが無ければ、落下エネルギーはもっと強くなっていたはずだ。そうすれば敵を一撃で仕留められたに違いない。このベルトはメリットばかりではない。

 

 

「まずい!」

 

 起き上がったアンドロイドの右手が黄色く発光している。腕に内蔵されたレーザーキャノンを撃つ気らしい。

 

 動かなければ、やられる。レーザーが直撃すれば僕の低いHPは簡単に消し飛ぶだろう。

 頭では理解している。だけど、動けなかった。

 

「いつもこうだ…。肝心なときに、動けない」

 弱々しくそう吐き捨てた。

 

 目をつぶって死を待つ。

 

 爆発音が聞こえた。

 

「あれ…? 死んでない…?」

 僕はまだ生きていた。HPはさっき殴られたっきり減っていない。

 

 目を開けて辺りを見ると、爆発したアンドロイドの残骸が破砕エフェクトを振りまいて消滅するところだった。

 

「大丈夫? 戦闘で勝てないとは聞いてたけど…これはキビシイわね…」

 ミドリさんがアサルトライフルを構えていた。どうやらアンドロイドを撃ってくれたらしい。

 

「す、すみません」

「惜しかったわね。奇襲するところまでは上手くいってたのに…」

 

 僕は俯いた。

「いつもこうなんです。肝心なときに動けなくなって…。 頭では理解しているんですけど、体がゆうことを聞かなくて」

 

「なるほど…。 だいたい実力はわかったわ。 とりあえず事務所に戻りましょう」

「はい」

 

 事務所に戻ってきた僕たちは、先ほどの腕試しを振り返っていた。

「最初の立ち回りは良かったわよ。筋力が足りないから落下エネルギーを使ってナイフで装甲を貫通させたんでしょ?」

「はい。その通りです」

 

「たしか、ハンドガンを持ってたわよね?それを使わなかったのは?」

「今、金欠なんです。ゴールドもリアルマネーもなくて。だから弾も買えないので使いませんでした」

 

「なるほど。ふむ…。 状況判断はできているし、運動神経もそれほど悪くない…。 やっぱり問題なのは緊張で動けなくなることね」

「はい…」

 

「大丈夫よ。そんなに落ち込まないで! この手の実際に体を動かすゲームだとよくあることだから」

「そうですよね…ありがとうございます」

「それに。オーグはアバターのレベルが低くても装備アイテムによって強くできるから、まだまだ強くなれるわ」

 

 彼女が僕を励ましてくれている。素直にうれしかった。

 

(…やっぱり雇うのやめるとか言わないのか…良かったぁ)

 

 なぜかこのバイトに執着している自分がいることに気付いた。いつの間にか、すっかり彼女への警戒心は無くなっていた。

 

「なにか策を考えておくから、後日改めて作戦を練りましょう。 それと、ログインマーカーをこのベースルームに設定しておいてね」

「あぁ…はい。わかりました。次回はここにアバターを出現させますね」

 ログインマーカーとは、オーグにログインした時にアバターが出現する位置を固定できる仕組みのことだ。通常、オーグにログイン(起動)するとARグラスの目の前にアバターが出現するが、ログインマーカーを設置していると、目の前とマーカーのどちらにアバターを出現させるか選べるようになる。ただし、マーカーは一箇所しか設置できない上に、あらかじめアバターが直接現地に行って設置しておく必要がある。

 

「次回はいつにしますか?」

「できるだけ早いほうがいいわね…。今日は木曜だから…。明後日は?」

 

(土曜日に大学の講義はない…)

 

「大丈夫ですよ」

「じゃあ土曜日に決まりね。集合時間は後でメールするわね。っと。そうだった。今後はオーグのゲーム内メールは使わずにARグラスのアプリの方で連絡しましょう」

 

「?…なぜですか?」

「ほら…。オーグのシステムがハッキングされているなら、どこから情報が漏れるか分からないし…」

「あぁなるほど。 分かりました」

 

 僕たちは連絡先を交換した。

 

「それじゃあ、また土曜日に」

「ええ。今日はお疲れ様」

「はい。お疲れ様です」

 

 僕はオーグからログアウトした。

 

第3話 友人のすすめ

 アンドロイドとの腕試しをした翌日。
 僕は大学で講義を受けていた。
 窓から春の陽気が差し込み、涼やかな風が構内を通り過ぎていく。

 

「ふぁ~……。 眠い……」

 

 オーグを使えば実際に大学に通わずともアバターで行けるのだが、最新技術を使っているオーグとはいえゲームなことに変わりはない。そのゲームを大学は受け入れてくれなかった。だからアバターで授業を受けても出席扱いにはならない。

 

(でも、もしアバターで授業を受けられてもプレイヤーが集まれば戦闘が起きるだろうな)

 

 そんなくだらないことを考えているうちに時間は過ぎ、昼休憩の時間になってしまった。
 ちなみに今はARグラスは付けていないしオーグも起動していない。ARグラスは単体ではCPUの処理性能はさほど高くないため、オーグなどの処理が大きいソフトウェアはスマホとワイヤレス接続して使う。
 まだまだARグラスは発展途上の技術なのだ。

 

 学食の隅で一人昼食を食べていると、不意に女性に声をかけられた。

 

「お! 直紀じゃん!」

「! なんだ……黒江か」

 

 声をかけてきたのは「黒江南(くろえみなみ)」だ。
 それほど親しいわけでもないが、同じ高校出身ということもあり、最近よく話すようになった。快活な性格をしているので、接してて気が楽だ。

 

 彼女は無造作に向かいの席に座ると、手にもっていたビニール袋からサンドイッチを取り出した。包装を開けて大口でかぶりつき美味そうに食べ始める。

 

「……なにかいいことでもあったの?」
「わかる? いやー今日は午後の講義なくってさー! 直紀は?」
「僕もないよ」
「そっか! ちょうどいいや。 良さそうなサークル見つけたんだけど直紀も入らない?」

 

 この4月、僕は大学生になった。入学してからというもの、サークルには入らずにひたすらオーグで遊んでいる。

 

「サークルかぁ……。楽なやつなら入ってもいいかもな。 どんなサークルなの?」
「パソコン部」
「パソコン? 黒江ってパソコンに興味あったの?」
「パソコン自体にはあまり興味ないんだけど……」
 そこで声を潜めて。
「ここの副部長、オーグで素材を買い取ってくれるんだよ……。直紀もオーグやってるんでしょ?」

 

 黒江は以前、自分はオーグで雑貨屋をしていると言っていた。露天商をしていて金払いの良い客と仲良くなったとかなんとか言っていた記憶がある。

 

(今まで黒江とはあまりオーグについて話したことが無かったな……)

 

「まぁ、やってるけど。……ほんとに?」
「ほんとほんと。 実は副部長とオーグ内で知り合ってさー。私の客なんだよ」
「客? あ……前に話してた露天商の客か」

「直紀もオーグプレイヤーなら気になるでしょ?」
「うん……そうだね。気になる。僕も入ってみようかな」
「そう来なくっちゃ! 講義ないなら食べ終わったら部室行ってみよ!」
「ああ。そうだね」

 

(黒江はテンション高いなぁ……。 っていうかひょっとしてヘビーゲーマー……?)

 

第4話 雑貨屋の人脈

 昼食を食べ終わった僕と黒江はARグラスを使ってネットで調べものをしていた。
 大学のホームページからサークル紹介を見る。

「えーと……。パソコン部の部室はどこだ……?」
「あ! あったよ直紀!」
「ん? どこって書いてある?」
「部室棟の102号室だってさ」
「じゃあ早速いってみよう。黒江の客っていう副部長さんがいればいいけど……」

 部室棟はキャンパスのある敷地から出て道路を挟んだ先にある。

「ここが部室棟……?」
 隣に立っている黒江がしかめっ面で呟いた。それもそのはず、ものすごく古そうな二階建てアパートのような建物なのだ。一階と二階にそれぞれ4部屋で計8部屋ある。

「と、とりあえず102号室に行ってみよう」
「そ、そうね……」

 102号室はすぐに見つかった。ドアについたプレートには「102 パソコン部」と黒インクで書いてある。
 黒江が恐る恐るドアをノックした。

 コンコンッ

「はーい。カギは開いてるのでどうぞー」
 返事はすぐに来た。
 黒江を先頭に部室に入る。

「あれ……。意外と綺麗」
 驚いた。
 部屋の中は外見からは考えられないほどきれいになっていた。リフォームでもしたのだろうか。
 ドアから入って左側には棚がある。その棚には紙袋や段ボールなどが敷き詰められてあるが、隙間から棚の奥が見えた。どうやら机にパソコンとモニターが載っているようだ。作業空間を棚で仕切っているのだろう。
 左奥には壁に沿ってソファが二つ、L字型になるように置かれている。その前に背の低いテーブルがある。
 入って右はすぐに壁になっているが、壁に沿って小さな冷蔵庫がある。そのとなりには机に載ったテレビモニターがあった。ちょうど左奥のソファから見える位置だ。右奥には机と椅子。これも作業用だろう。

 ソファに座っていた男と目が合った。細身で肌が青白く、顔は比較的イケメンな感じだ。
 部室内に他の人はいなかった。
「パソコン部になにか用?……ひょっとして入部希望かい?」
 黒江が応じた。
「あ、はい。私たちパソコン部に入部希望です」
「へぇ……入部希望者なんて久しぶりだな。しかも二人も」
 なにか信じられないようなものを見る目で僕たちを見ている。
「あの……。何か?」
「いや、ごめん。あまりに珍しかったもんでつい。……俺は3年の清水蒼矢(しみず そうや)だ」
「私は1年の黒江南です。こっちは……」
「同じく1年の月村直紀です」
「黒江さんと月村さんね。二人ともよろしく」

 僕たちは清水先輩に促されるままL字型ソファに座ることにした。
 黒江が部屋を見渡しながら聞く。
「あの……。3年の高木先輩って知ってますか?」
「!……君たちは高木の知り合い?彼女はこの部の副部長だよ」
「あ、まぁ、現実では会ったことはないんですけど、オーグの中で知り合って、そしたら偶然同じ大学だとわかって仲良くなったんです。この部にいると聞いたので」

 清水は得心したようで頷いた。
「ということは、黒江さんはあの雑貨屋の人か!」
「私を知ってるんですか!?」
「ああ、実は俺もオーグをプレイしていてね。高木が集めた素材でアイテムを作っているんだよ。同じ大学に雑貨屋をしてる人がいたとか、彼女が珍しくはしゃいでたから覚えている」
「そうだったんですね」
「そうだ! 豊富な品揃えがあると聞いてるよ。あとで是非見せてくれ」
 そこで僕の存在を思い出したのか、咳払いをするとこちらに向き直った。
「そっちの……えーと月村君も高木の知り合い?」
「あ、いえ。僕はただ黒江に誘われただけです」
「なんだ、そうなのか」

 実際、僕は二人の会話についていくのがやっとだった。

「とりあえず、パソコン部の説明でもしようか。といっても、今部員は俺と高木の二人しかいないからなぁ……」
「?……活動してないんですか?」
「前は部員がもっと沢山いて、パソコンを自作したりプログラムを組んだりしてたんだが、みんなやる気が無くてね……。最近は俺の作業部屋兼、高木の休憩スペースって感じかな」
「へぇ…そうだったんですか」
「まぁ、部室を持て余してるのは事実だし、歓迎するよ。」

 僕らは部員名簿に名前と学籍番号を記入した。これで正式にパソコン部の一員である。

「平日は基本的に開けてあるから、この部室は好きに使ってくれて構わない。二人はパソコンの自作とかプログラミングとかしたい?」

(実はあまり興味ないんだよな……。誘われただけだし)

 二人そろって首を左右に振った。
「いえ……」
「私は高木先輩に会いたかっただけですし……」
 すると、清水は少し安心したように言った。
「そうか。教えるのは大変だから、むしろ良かったよ。……もちろん、やりたかったらいつでも言ってくれ。俺にできる範囲で教えるからな」
「はい。ありがとうございます」

(清水先輩が良い人で良かった。ていうかこの部活よく廃部にならないなよなぁ……)

 部の紹介が終わったところで、清水が思い出したように言った。
「ということは、黒江さんはオーグの為に来たんだよな? アバターの紹介もしとくか」
「あ、はい。そうですね」

 三人そろってオーグを起動する。現実世界にデジタル世界が重なって表示される。
 それぞれの前にアバターが出現していく中、僕は驚いて声を上げた。

「えっ! なんで!?」

 新しく出現した3人のアバターとは別に、もう一人アバターがいたからだ。
 そのアバターとは、僕の雇い主「ミドリ」だった。

 

第5話 アバター紹介

 アバターの自己紹介のためにオーグを起動した僕たちは、デジタル世界の部室にいる4人目に気付いた。

「えっ! なんで!?」

 それは僕のバイトの雇い主である「ミドリ」だった。

 デジタル世界が現実と重なっている以上、オーグを起動したときに他のプレイヤーやモンスターが目の前にいるということは稀に起こることではある。しかし、故意にデジタル世界から現実世界のストーキングを行うことはプレイヤーの誰もが理解している重大なマナー違反だ。最悪、警察沙汰だってあり得る。
 だから僕はまず、ストーキングされたものと思った。
 が、黒江と清水先輩からは、意味合いの違う驚き声が上がった。

「あ!先輩いたんですか!」と黒江。
「そうだ!すっかり連絡を忘れてた!」と清水先輩。

 それから三人合わせて。
「「「……えぇ……!」」」

 何が何だかわからない。

 当人のミドリは沈黙したまま動いていない。

 黒江と清水先輩がそろって僕を見る。
「直紀も先輩と知り合いだったの!?」

「え……? ミドリさんは僕のバイトの雇い主だけど……?」
「!……ということは月村さんが最近メッセンジャーに応募してくれた人なのか!?」

「そっか……。直紀はミドリさんのリアルを知らなかったんだね。彼女が副部長で私のお客さんの高木緑先輩だよ」

 どうやらストーキングされたわけではないらしい。
 三人は別々に高木緑と知り合っていたということだろう。

「そういえば、清水先輩。さっき何か忘れてるとか言ってませんでした?」
「あ……。そうそう、高木から頼まれてたんだよ。『もし入部希望者が来たらメールで教えって』てさ。昼前に部室にアバターだけ置いていったんだよ。誰も来ないと思ってたからすっかり忘れてた」
 そこで先輩は言葉を切ってミドリを見た。僕らもつられて見てしまう。

「だから無反応で立ってるんですね」
 おそらく今はアバターの操作をしないでオーグを起動したまま放置して、講義でも受けているのだろう。清水先輩がメールで入部希望者がいると連絡すれば、ARグラスのホロウィンドウやVRモードを使ってアバターの視界を見つつ、ゲームパッドで操作する予定だったのだろうか。

 清水先輩が僕らに向き直って言った。
「高木に連絡しても良いけど、講義の邪魔をするのは良くないな。 俺たちで先に自己紹介しようか」
「そうですね。高木先輩はそれぞれ知っているみたいだし、直紀と清水先輩のアバター気になるなぁ!」
「確かに気になるね」

「じゃあ、俺からだ」
 そういって清水先輩はソファから立ち上がってアバターの隣に立った。
「アバターネームは『デル』だ。戦闘はほとんどしないが、クラフターをしている。ステータスはCR(クラフト)」に極振りだな」
 清水先輩とアバターの顔はほとんど同じだ。オーグのアバターはスマホで撮った写真からモデルを生成できる。ほとんどの人はアバターの顔を、自分の顔より少しイケメンにしたり可愛くしたりカスタマイズして使っている。
 デルの服装は全体的に暗めの青色を基調として、ローブのようなロングコートのようなものを着ていた。

(なんか……。魔法使いっぽい?)
 しかし、オーグには特殊な効果の付いたアイテムはあるが、魔法は存在しない。デルは不思議な見た目をしていた。

「じゃあ次は私ねー」
 黒江もアバターの隣に移動した。
「アバターネームは『ベリー』だよ。さっきも話にでたけど、雑貨屋をやっててアイテムを沢山持ち運ぶためにSTR(ストレングス)とVIT(バイタリティ)を上げてるの」
 STRを上げると筋力が増えるため、ストレージの容量が増える。VITを上げればHPが増えるため、倒され難くなる。しっかりとステータスを考えているようだ。
 黒江とベリーの顔もやはり酷似しているが、ベリーは赤い帽子をかぶっていた。服装は黒いジャケットと紺色のジーンズという恰好だ。

(帽子以外はカッコいい感じだな)

(次は僕の番だ)
「僕のアバターネームは『ダートム』です。戦闘は苦手なので観戦ばかりしてました。レベルは低いんですが、一応、AGI(アジリティ)がメインでDEX(デクステリティ)とCR(クラフト)にも振っています」

「へぇ…。ダートムはオールラウンダーなの?」
「いや……オールラウンダーじゃなくて器用貧乏だよ」

 黒江が言ったオールラウンダーとはつまり、偏り無くステータスを上げてどんな場合でも対応できるようにするスタイルだ。オーグではレベルの数値よりアイテムの方がキャラクター構成に影響を与えやすいため、入手したアイテムによってキャラクターの育成方針が大きく異なる。そのため、オールラウンダーは少ない。

(それに……たかがレベル10じゃあ器用貧乏ですらない)

 僕のマイナス思考を察したのか、清水先輩が声をかけてきた。
「そんな悲しそうな顔するなよ。それにキャラクターのステータスだけが勝敗を決めるわけじゃない」
「あ……はい。そうですよね」

(確かに二人の装備はどれもレアリティ高そうだな)

デルとベリーからはベテランプレイヤーな雰囲気が漂っていて、言葉には説得力があった。

 

第6話 意外な真価

 アバター紹介も終わり、雑談していると道路を挟んだ向かいの校舎からチャイムが聞こえてきた。

「あ……もう高木の講義が終わる時間か」
と清水先輩が呟いた直後、それまで沈黙していたミドリさんが声を発した。

「やっと終わった~。結局入部希望者は来なかったのねー」
 そう言って辺りを見回したミドリさんは僕と黒江を見るやいなや、再度動きを停止した。

「…………。 なんでダートムがここに……? ちょっと待ってて」
 それっきりミドリさんはまた沈黙した。

 数分後。
 部室の扉が勢いよく開け放たれて高木先輩が入ってきた。

「まさか新入部員がダートムだったなんて……。 いやその可能性も十分ありえる話では……」
 なにやらぶつぶつ独り言を言っている。

 そんな彼女に清水先輩が声を掛けた。
「悪いな高木。講義の邪魔になると思ってメールを送らなくて」
「大体そんな事だろうと思ったわ。蒼矢は真面目なんだから……」
 高木先輩は清水先輩を軽く拗ねたような目で見ている。

(あれ……? この人がミドリさんのリアル? ……僕と話してた時より子どもっぽいな)
 清水先輩とは仲がいい様子だった。

 高木先輩は僕に向き直った。
「あなたがダートムのリアル?本当はリアルでは会うつもりはなかったんだけどね。 私は3年の高木緑よ。よろしく」
「はい。1年の月村直紀です。 ……明日会う予定でしたけど、今日会ってしまいましたね……」

 微妙な空気になっていると、黒江と清水先輩がことの経緯を高木先輩に説明してくれた。

 数分後。
 話が終わって経緯を理解した高木先輩は何かを思い出したように僕を見た。
「昨日のアンドロイドとの腕試しの後で、あなたが戦闘で勝てる方法を考えてみたんだけど……面白いことに気付いたのよ」
 そう言って彼女は悪戯を思いついた子どもみたいにニヤリと笑う。
「え……!? どうすれば勝てるんですか!?」
「ふふ……♪ まぁまぁ。とりあえずダートムでジャンプしてみて?」
「え? い、良いですけど……?」

 僕たち4人はスマホやコントローラーを取り出しVRモードを起動して椅子に座った。
 オーグはVR装置が無い場合はゲームコントローラーやスマホ、ARグラスで表示したホログラムのキーボードなどでアバターを操作できる。

 4人のアバターはミドリさんに促されるまま部室を出てきた。
「デル(蒼矢)とベリー(黒江さん)はダートム(月村さん)の装備とステータスは大雑把にしか知らないのよね?」
「あ、はい。レベルが低くて、AGI(俊敏性)を主に上げてるとか……」
とベリーは訝しげに答える。
 すると、満足そうに頷いたミドリさんは、僕に高くジャンプするように手で促してくる。
「この前の腕試しみたいにロングジャンプして!」

「あ、はい。わかりました」
 僕は大きく足を曲げて力を蓄えてから地面を蹴り飛ばした。
 軽いアバターは思ったとおり、真上にはじけ飛んでいく。

「「ええ!」」
 様子を眺めていたベリーとデルはそろって驚きの声を上げつつ僕を見上げている。

 数秒後、僕は着地するとミドリさんはベリーとデルに質問をしていた。
「ダートムのSTR(筋力)値はいくつだと思う?」
「えっと……? あんなに高く跳べるってことは少なくとも50はある? でもレベルは低いって言ってたし装飾品でSTRを上げてるの?」
 デルも頷いているから同意見らしい。

 ベリーのその回答を聞いたミドリさんは僕の方を見てきた。

(あぁ。そうか)

 僕はミドリさんの考えを理解した。
「STR値は1だよ。その代わり軽いんだ」

「え! 1なの!?」とベリー。
「なるほど!そういうことか!」とデル。

 つまり、ミドリさんの考えはこうだ。
 STR(筋力)は、上げれば上げるほどジャンプ力が高くなる。よって、数十メートル跳ぶということはSTRをかなり上げなければできない芸当だ。ダートムのステータスを知らない人はロングジャンプを見てSTRが相当高いと思い込む。だが実際にはSTRは1しかなく、重量軽減ベルトで自重が軽くなっているだけなのだ。

(この思い込みは確かに使えるかもしれない)

「戦闘相手は僕のSTRが高いと思い込み近接攻撃を何としても回避するはず。それで隙を作るってことなんですね!」
「そういうこと! 相手に本当のSTR値がバレないように立ち回る必要があるけど、これは使える戦法だと思うの!」

 そうして僕たちは作戦を考え始めた。

 

第7話 クラフターの熱意

「その重量軽減ベルトを分解させてほしい!」
 清水先輩は僕のベルトの効果を知ったとたん、目をキラキラさせながらそう言ってきた。
「え!? 分解? それはどういうことですか?」
「説明が難しいから、順を追って話そうか。オーグのクラフトシステムについてはどれくらい知ってる?」
「クラフトには設計図、素材、プログラムの三つが必要ということだけです。自分でしたことはありません」

「コホンッ」
 咳払いすると清水先輩は急に生き生きとした表情で語りだした。
「そうか。補足すると、設計図というのは作りたいアイテムの外見を3Dモデルとして形作るものだ。そして、素材とはオーグの中で手に入るアイテム、例えば、金属やギア、モーターなどのことだ。これらは『内部パーツ』と呼ばれ、これ以上分解することはできない。プログラムはフローチャートのように比較的簡単に作ることができる。モーターを素材として使うと、フローチャートで『モーターを回転させる』というプログラムが使えるようになるんだ。よって、内部パーツが無ければまともにプログラムを組むこともできない」

「へ~。それなら素材さえあればクラフトではどんなアイテムでも作れるんですね!」
「そうはいっても、クラフトはそんな万能なものではないよ。ステータスのクラフトレベルが低いと、アイテム生成に時間がかかる。また、プログラムの容量はクラフトレベルに比例しているため、レベルが高くないと複雑な物は作れないんだ」
「なるほど。結構制限があるんですね」

「ああ。しかも、普通は戦闘で素材を手に入れつつクラフトレベルを上げるのは至難の業だ。だが、俺はアイテムクラフトの依頼を受けて、その報酬でポイントを受け取り、レベルを上げてきた。だからこれまでほとんど戦闘をしていない」
「それでアバター紹介でクラフトに極振りと言ってたんですか」
 つまり、アイテムクラフトのプロということだ。

「そう。それで本題なんだが、一度完成されたアイテムはダメージを受けると耐久値が減っていくだろう? 耐久値が0になれば当然消えてしまう訳だ。でも、俺は物理法則に則って丁寧に分解すると耐久値が減らないことに気付いたんだよ」
 そこで言葉を切ると、どこか恍惚とした表情をして話を続ける。
「前に、居ても立っても居られなくなって、高木に協力してもらってモンスターのアンドロイドを一体捕獲してみたんだ。それで、分解してみたら、ロボットの構造がほぼ全て再現されていた。しかも分解したそばから部品はアイテムになった。それで確信したよ。このデジタル世界の物質はほぼ全て物理法則に則っていることに。」

(本当かよ……。モンスターを捕獲したなんて聞いたこともない)
 ふと高木先輩を見ると、当時を思い出したのか物凄く険しい顔をしていた。よほど苦労して捕獲したのだろう。

 清水先輩はそこで正気に戻ったような顔をした。
「つまり、魔法が存在しないデジタル世界で、特殊な効果を持っているアイテムは、何らかの仕掛けがあるはずなんだ。異常な現象を発生させるアイテムは大抵、その現象を引き起こすためのナノマシンを散布している可能性が高い」

「なるほど。だから僕の重量軽減ベルトも分解したいんですね」
「そういうことだ。……だから頼む! 分解してみたいんだ! なんならそのベルトを材料にして新しいアイテムにしても良い!」

(清水先輩人格変わりすぎだろ……! クラフトオタクっていうよりデジタル世界オタクなのかな……?)

「ダートム、いえ、直紀君。蒼矢はすこし残念なやつなんだけど、クラフトの腕は確かよ。せっかくだからあなたの指輪と一緒に改造してもらえば良いんじゃないかしら?」
「指輪? 月村さん。指輪って?」
「『静寂の指輪』といって装備すると足音とかを小さくしてくれる装飾品のことです」
「ふむ……。音を小さくするのか。それも見てみたいな……」
「そこまで言うのなら……良いですけど。でも間違って壊したりしたら弁償してくださいよ?」
「ああ! もちろんだよ!」
 そう言って嬉々としてベルトと指輪を受け取ると作業机に駆けて行った。

「蒼矢はああなるとしばらく何言っても駄目ね……」
 高木先輩が何かを諦めたような表情でそう言った。
「清水先輩ってアイテムのことになると人が変わりますよね」
 黒江は顔を引きつらせて苦笑交じりに呟いた。

(世の中には変わった人がいるんだなぁ……)

「ところで直紀君。 私、あのベルトのデメリットについても考えたの」
「え! 直紀のベルトってデメリットとかあるの?」
「ああ。黒江も使ってみればすぐに気付くと思うけど、あの重量軽減効果は重い攻撃ができなくなるし、敵にちょっと殴られただけでも結構大きく吹き飛ばされるんだよ」
「そうそれ! この前の腕試しのときは重い一撃を出すために高いところから落下して威力を上げていたけれど、もっと良い方法を思いついたのよ」

「「もっと良い方法?」」
 僕と黒江は揃って首を傾げる。

「簡単な話よ。オーグでは攻撃の威力が速度や重量によっても変わるのよね? なら、軽くても加速度があればそこそこ威力がでるはずでしょう?」
「ああ、なるほど。物理でいうとF=maというやつですね。 力(F)は質量(m)×加速度(a)だから、別に落下しなくても、速く動いていれば良いってことか」
「そういうこと!」
「でも直紀ってAGI(敏捷性)も低いんだよね?」
「黒江の言う通りだよ。高木先輩。僕はAGIも低いので早くは走れませんよ?」
「ふふふ……♪ そこがポイントなのよ。オーグでは、ジャンプ力はSTR(筋力)とAGIの二つが影響するから高く素早く跳ぶには本来その二つのレベルを上げる必要があるんだけど、さっきジャンプしたダートムはSTRもAGIも低かったのに一瞬で上空に跳んだでしょ? つまり、接地面に対してほぼ垂直に力を加えるジャンプなら、走るのとは違って力が上と前に分散しないから、速く動けるってことなの」

「……じゃあ、走るんじゃなくて、壁を蹴って相手に高速で接近して攻撃すれば良いってこと……?」
「まぁ、簡単に言えばその通りね」

 言葉では簡単に言えるが、実際これはかなり難しい。地面に垂直に立っている壁を蹴ったとしても重力で落ちるわけだから、角度を斜め上にしておかないと敵にたどり着く前に地面に墜落してしまう。おまけにVR装置で操作する場合、かなりの運動神経が必要になる。

(でも、使いこなせれば、レベルが低い僕でも戦えるかもしれないな。……敵を前にして動ければの話だけど)

 考え込んでいると突然、黒江が拗ねたような顔をした。
「いいなー。直紀は色々教えてもらえて」
 高木先輩が僕の話ばかりするから面白くなかったのかもしれない。
「あぁ、ごめんなさいね。でも黒江さん(ベリー)はもう十分強いんでしょう?」
 黒江は雑貨屋の品物を自分で敵を倒して仕入れているため、実際かなり戦えるらしい。以前聞いた話によると中遠距離ではサブマシンガンを乱射し、中近距離ではマチェット(中南米の蛮刀のこと。マチェーテともいう)を振り回す戦闘スタイルなんだとか。

(どおりで荒々しいわけだ……)

「ちょっと直紀! 今なんか失礼なこと考えてたでしょ!」
「え! そ、そんなこと考えてないよ!」
(しまった。 顔に出てたか!)

「まぁ確かに?自分でいうのは何だけど、私は強いと思うよ? けど、直紀は絶対私のこと女子だと思ってないでしょ!?」
 黒江はますます不機嫌になっていく。

(えぇー。黒江ってそんなこと考えてたのか……。気さくに接しすぎたのかもしれないなぁ)

「わ、悪かったよ! 配慮が足りなくて。……以後、気を付けます……」

 高木先輩はそんな僕らを暖かい目で眺めていた。
 この日、僕は清水先輩や黒江の意外な一面を見ることができたのだった。

 

第8話 応用と進化

 土曜日。
 当初からミドリさんのベースルームに集まる約束をしていた僕は、自宅からオーグにログインした。アバターは以前設置したログインマーカーがあるため、直接その座標に出現できる。
 ドアを開けた僕は驚いた。
「あれ!? ベリーとデルさんも来たんだ」
「おー直紀、じゃなかった。ダートム。私も前にここに来たことがあってさ。面白そうだから来ちゃった」

 オーグ内ではなるべく現実の名前は言わないことがマナーとなっている。が、顔の造形が現実とアバターで似ている場合、うっかり現実の名前を呼んでしまうことがある。

(ミドリさんがメールで教えたのかな? 一応バイトとして来たんだけどな……)
 今日は本当なら、メッセンジャーとして戦闘力不足の僕がまともに仕事ができるように作戦会議をする予定だったのだが、戦い方の工夫については昨日既に話していたため今日はその続きだ。

 ミドリ、ベリー、デルの三人は部屋の左隅にある工房に集まってなにやら話をしていたらしい。
「ああ、ダートム。いらっしゃい。待ち合わせ時間ぴったりね」
 時刻は午前10時だ。
「こんにちは。ミドリさん。今は何をしているんですか?」
「それが、昨日あなたが渡したベルトと指輪。中身の仕組みが分かったらしくて、デルが騒いでたのよ」

 椅子に座ってぶつぶつ独り言を言っていたデルが、勢いよく振り向いて僕を見た。
「このベルトと指輪はなかなか面白い仕組みだったよ」

 机の上には分解した後で組み立てなおしたのだろうか。工具と一緒に『重量軽減ベルト』と『静寂の指輪』が置かれている。
「どういう物なんですか?」
「俺が予想した通り、二つともナノマシン(粒子)を散布していたよ。ベルトはバックル、指輪は宝石からそれぞれ発生しているらしい」
「まぁ、そこしか仕掛けがありそうな所は無いですよね」
「ああ、その通りだ。で、効果なんだが、どちらの粒子も接触した対象の表面を覆うような特性が確認できた。ベルトの粒子は重力と反発しているということしか分からなかったけど、指輪の粒子は細かく分析できたよ。これは粒子同士が結合して膜を作っているんだ。それで粒子が空気の振動を吸収しているから装備者の音が減少するってことらしい」

(正直、何がすごいのかよく分からない)
 ARグラスに搭載された表情トラッキング機能が忠実に動作して、ダートムの顔を僕と同じく苦笑いさせる。ミドリさんもベリーも似たような顔をしていた。

 反応に困っているとミドリさんが助け舟を出してくれた。
「要するにデルは何がしたいの?」
 その言葉を待ってましたとばかりに興奮した様子で頷く。
「そう! 問題はそれなんだ! この指輪の効果は単に音を消す以外の使い道があるんだよ」
「『音を消す以外の使い道』……ですか?」
「うん。普通に指に付けただけだと、粒子の濃度が足りなくて足音を小さくする程度しか振動エネルギーを吸収できない。だけど、発生し続ける粒子を密封して圧縮してから一気に放出すれば、かなりの量のエネルギーを吸収できると思う」

 そこでベリーが異議を唱えた。
「でも先輩、それって一瞬だけ無音になるだけなんじゃ?」
「いや、これは音を消すんじゃなくて、防御に使うんだ。音と同様に、熱や風圧もこの粒子なら吸収できるはず」
「つまり……爆発を防げる?」
 ミドリの言葉にデルが大きく頷く。
「それで、ダートムの弱点を補えて、なおかつ、戦闘スタイルと相性が良いアイテムを考えてみた」
 ストレージから設計図を取り出すと僕に渡してくる。

「これは、ガントレット(籠手)ですか?」
 その設計図には左右非対称の一対のガントレットが描かれていた。左腕の方がやたらと大きく、頑丈に作られていて、右腕は薄くて軽そうだ。

「ただのガントレットじゃないよ。左腕に爆発反応装甲(リアクティブアーマー)を付けたんだ。静寂の指輪を左腕に、重量軽減ベルトを右腕に埋め込む」

「りあくてぃぶ……ってなんですか先輩」
 ベリーが怪訝そうに質問した。

「簡単に言うと、砲弾を受けたときに爆発して攻撃の軌道を逸らす装甲のこと。本来なら生身じゃなくて戦車に付けるようなものなんだけど、さっき言った指輪の効果を上手く使えば、生身でも爆発によるダメージを軽減して使えるはずだ。ただし、『音を消す』っていう効果は使えなくなるけどね。それと、ダートムなら小さな爆風でも吹っ飛ぶことができるだろう?」
 そう言ってニヤリと笑う。

 腕の籠手で爆発なんて起こしたら普通は腕ごと吹き飛びかねない。だが、確かにリアクティブアーマーなら攻撃を回避できなくても防御可能だ。さらに、爆風に乗って敵と距離をとることもできる。

 感心したようにミドリさんが設計図を見つめる。
「誤爆さえしなければなかなか良いアイテムね。今、ダートムのアイテム保護枠はベルトと指輪の二つがセットされているけど、メッセンジャーなら保護枠には最低でも1つ荷物を入れるわけだから、二つの装飾品を合体させるのは良い判断だわ」

 ダートムの弱点である『緊張すると動けなくなる』ことは昨日話していたが、それをしっかり考慮して、2つの装飾品を一つに合成することで保護枠を一つ空けることまで想定されている。このアイテムを設計したことが、彼がプロのクラフターということを物語っていた。

 デルさんは急に真面目な顔になって僕とミドリさんを交互に見た。
「気に入ってもらえたようで良かった。……お願いだ。指輪とベルト以外の材料は全て俺が用意するから、それを作る代わりに、今後メッセンジャーとして襲撃されたときに手に入れた戦利品を、俺にいくつか融通してくれないか? 頼む!」

 こんな複雑なアイテムを実質無料で作ってもらえるなんて願ったり叶ったりだが……。
「ぜひ、お願いします。と言いたいところだけど……」
(僕はそもそもミドリさんに雇われてるだけなんだけどなぁ。というか、清水先輩もメッセンジャーの仕事について色々と知っていたのか……)

 そう思って雇い主を見てみると、彼女は盛大に呆れた顔をしていた。

「あなたねぇ……。そもそもこの工房が、私が買ったベースルームを半分も占拠していることを忘れてるんじゃないでしょうね?」
「え! 今それを言うのは卑怯だろう! ここを借りる代わりにミドリの装備をほとんど作ってやったじゃないか!」
「それはそうだけど……。いくらなんでも図々しいっていってんのよ!」

 二人の口喧嘩を僕とベリーはただ唖然と眺めることしかできないのだった。
 数分後、喧嘩にはミドリさんが勝ったようで、デルさんは悔しそうにしていた。

 そんな二人を見ていたベリーはというと。
「あれ……? 部長より副部長の方が強いの……?」
 と独り言を言っていた。

 

第9話 リトライ

 特注のガントレットが完成した後、モンスターと腕試しをすることになった。性能のテストと使い勝手の確認が目的である。
 クラフトしたアイテムの名称は自由に設定できるため、『爆発反応籠手(リアクティブガントレット)』と名付けた。しかし、爆発以外に重量軽減効果もあるのだが、そこは名前が長くなるので勘弁してほしい。

 現在、ダートム、ミドリ、ベリーの三人でアンドロイドを探して街を歩き回っている。
デルが居ないのは、昨夜から一睡もせずにベルトと指輪の仕組みを分析して、さらにガントレットの設計図を作ったために体の限界が来たらしく、使用方法と注意点を伝えた直後寝落ちしてしまったからだった。
 クラフトによるアイテム生成は、ストレージに必要なアイテムが入っている状態で設計図の製作開始ボタンを押すか、ボイスコマンドによって行われる。そのため設計図どおりに自動で生成されるのだが、もし手作業で作ることになっていたら徹夜明けでフラフラの彼にまともに作れたとは思えない。そんな状態だった。


XXXX


(徹夜してたなんて……部長には悪いことしたなぁ)
と考えていると、僕の表情を読んだのかミドリさんがフォローのようでフォローではないことを言ってきた。
「彼はいつも集中するときは徹夜するのよ。 好きでやっていることなんだから気にすることないわ」

 ベリーが不思議そうにミドリさんの顔を見る。
「……なんか先輩は部長に対して当たりが強いですよね」
「そうかしら? ……まぁ、腐れ縁ってやつよ」
 軽く流されてしまった。高木先輩と清水先輩は昔からの知り合いなのだろうか。僕と黒江はイマイチ先輩たちの関係性に踏み込めないのだった。

 歩き続けること数分、ちょうど前回の腕試しをした場所に近づいたころ。行く手にモンスターが現れた。

 そのモンスターは前回戦った【Wandering Android】(ワンダリングアンドロイド)と似ているが、装甲が違った。白色ではなく、金属光沢のある黒色になっている。さらに、左腕には小型の盾が装着され、右腕にはアサルトライフルを持っていることが確認できた。
 敵はまだこちらに気づいていない。獲物を探しているかのように左右を見回しながらゆっくり歩いている。
「あれは……見たことないタイプね」
「あぁ、アイツは森によくいるヤツですよ! 名前は確か【Defensive Android】だったと思います。この辺にいるなんて珍しいなー」

(ディフェンシブの意味は『防衛的』だったっけ? 強そうだなぁ)

「ベリーちゃんは戦ったことあるの?」
 いつの間にかミドリさんはベリーを「ちゃん」付けで呼んでいる。仲が良さそうで何より。
「はい。狩りでよく森とか山に行くんですけど、そこで時々見かけるんです。ダートムは?……あぁ……あるわけないか」

(今、バカにされた!?)

「……悪かったな。戦ったことなくて! でも森なんて危険すぎるだろ! 低レベルで行ったらどうせ瞬殺されるに決まってる……」
 自分で言ってて悲しくなってきた。
「あはは! やっぱり行ったことなかったかぁ。まぁでも、その判断は正解だよ。まともな装備なしでそのレベルならホントに瞬殺されてただろうね」
 以前から、森には強力なモンスターが出現しやすいのではないかとオーグプレイヤーの間では噂になっていた。

「そういうベリーはどうなんだよ。あいつに勝てるの?」

 あいつとはもちろん、前方を歩いているアンドロイドのことだ。
「うーん。5回中2回勝てるかどうかってところかな。あいつの装甲。銃とか刃物に強いんだよね。わたしとは相性が悪い」
 ちょっとバツが悪そうに白状した。
「なんだ。お前でも勝てないんじゃん……」
「あら、ベリーちゃんでも勝てないの?」

 ベリーの獲物はサブマシンガンとマチェット(蛮刀)だったはず。サブマシンガンは貫通力が低く、短射程のものが一般だ。装甲の隙間を正確に攻撃するにはサブマシンガンでは難しいのだろう。マチェットは接近しないと届かないから、近距離戦が得意なベリーは確かにアサルトライフルを持っている敵には弱そうだ。

「うーん。勝てないというより、負けると思ったら逃げてるんです。死んだらせっかく獲ったアイテムがなくなっちゃうので」
「なるほど。雑貨屋も大変ねぇ」
「それでよく人をバカにできたよな?」
「うぅ、ごめんごめん! ……でもちょっとからかっただけじゃん……」
「二人とも喧嘩はほどほどにね……。で、どうする? あいつはやめて他のを探す?」

 正直、戦いたくない。でも、戦いから逃げ続けるのは自分でも嫌気がさした。

(今回はガントレットの性能テストの為だし。いい機会だ)

「いえ。せっかく強いのがいるんですから、あいつで試してきます」
「わたしはミドリさんとここで見てるから。……危なくなったら援護射撃くらいならしてもいいよ?」
「じゃあ撃ってほしくなったら知らせるよ」
 とは言ったものの、これはリベンジマッチだ。前回より敵が強いとはいえ、できれば一人で勝ちたい。
 いわゆるゲーマーのプライドみたいなものが僕の胸にはあった。
「わかったわ。頑張ってね!」
「はい!」


XXXX


 遡ること20分前。
「使い方を説明する」

 完成したリアクティブガントレットを持って事務所の外に出てきた僕は、デルさんから説明を受けていた。

「手順は簡単だ。1、左腕のガントレットにチューブ型の爆薬を差し込む。2、エネルギーを吸収するナノマシンが十分な量溜まったことを確認する。3、起爆する。左手のグローブに取り付けたスイッチを押すか、強い衝撃を受けたとき勝手に爆発するからな。ただし、ナノマシンの充填が足りないと、かなりダメージを受けるから気をつけてくれ」

「わかりました。誤爆しないように練習が必要ですね」

 それから何度か使ってみた結果。重量軽減効果は以前と変わらないが、静寂の指輪が使えなくなったので足音が大きく聞こえることに違和感がある。ナノマシンの充填は最低でも20秒、完全に自分にダメージを受けずに使うには、30秒はかかることも確認できた。

「じゃあ俺は寝るから、なにかあったらメールで頼む」
 デルさんはあくびを噛み殺しながらそう言った。


XXXX


 現在。
(装甲が固いとすると、前みたいにナイフで叩き割るわけにはいかないか。装甲の隙間を正確に狙うには……)

 今回も奇襲からの短期決戦を挑むしかない。
(出し惜しみは無しだな……)

 作戦を考えた僕は早速行動に移した。

 敵に気付かれないギリギリの距離まで小走りで近づき

(ここからは……っ!)

 前に大きく跳ぶ。着地はアンドロイドの真後ろ。

『タンッ』
 当然、着地の音で敵が振り向く。それは想定内。
 振り向きざまにアサルトライフルを持ち上げてくる。

 敵が振り向くということは、銃をもっている右手がちょうど僕から見て左側にくるということ。
そして僕の左腕にはリアクティブガントレットの爆薬がある。

『バァンッ!』
 轟く爆音。僕はガントレットを敵の腕に押し付けた直後、爆薬を起爆した。

(風圧がすごいな!)
 足を踏ん張っていなければ後ろに吹き飛ばされていたかもしれない。

 作戦通り、アンドロイドの手からアサルトライフルを弾き飛ばすことは成功。自分にはほとんどダメージは無いが、表示された敵のHPは2割ほど減少している。

「よしっ!」
 しかし、銃以外にも目の前の敵は武器を持っている。まだ動きを止めるわけにはいかない。

 ハンドガンを敵の装甲の隙間にねじ込んで連射する。
『ダンッ、ダンッ、ダンッ、ダンッ、ダンッ』

 敵のHPが急激に減っていく。残り4割。
「思ったより硬いな……!」
 前回のアンドロイドならこれで片が付いたはずだが、さすがに強い。

『ゴッ!』
 アンドロイドも当然抵抗してくる。殴られた僕は後方の住宅目掛けて吹っ飛んでいった。

 空中を舞っている時、アンドロイドと目が合った。暗い眼孔の奥で機械の目が赤く燃えるように光る。
 プログラムで動く人形から、明確な殺意を感じる。

「……ッ! たかがアンドロイドに気圧されてどうする!」

 目を逸らすと、敵の右腕が黄色く発光していることに気付いた。

(こいつもレーザーキャノン!?)
 アサルトライフルに気を取られて敵の武装を忘れていた。普通に考えて、「ワンダリングアンドロイド」より強い「ディフェンシブアンドロイド」の武装が弱いわけがない。

 アンドロイドの右腕が、急速にその輝きを増す。
「ッ! チャージが速い!」

 発射と同時に左右のガントレットを体の前で構える。爆薬が入っていないガントレットでは、普通に高威力の弾を装甲で受けるだけだが、なにもしないより遥かにマシだ。

 背中から建物に激突して着地。直後、金属が削れるような甲高い音と閃光が轟いた。レーザーキャノンが着弾したのだ。
 運よくガントレットの装甲部分に当たったが、激突の衝撃と受け止めきれなかったダメージでHPが一気に5割も消し飛んでしまった。

「……」
 砂煙の向こうに見える敵は、赤い双眸をこちらに向けたまま沈黙している。
 幸いなことに、レーザーキャノンは連射できないようだ。僕の様子を探っているのか、追撃してこない。

「今の内に……」
 急いでストレージから予備の爆薬を取り出して装填する。
 あと数秒でナノマシンも十分な量になる。

(また撃たれるまえに何とかしないと!)

 攻撃しなければ勝つことはできない。ハンドガンの弾はあと2発しかない。先に撃った5発のダメージで敵は動きが鈍くなっている。
つまり、近づけばまだ勝機はある……ッ!

 

第10話 勝負の行方

 アンドロイドとの一騎打ちに挑むダートムだったが、想定より強い敵を前に危機的状況にあった。

XXXXX

 敵は動かない。
レーザーキャノンは、おそらくアンドロイドタイプのモンスターにとって最終兵器のようなもので、クールダウンが必要なのだろう。

 ハンドガンの弾はあと2発。
 ここから撃ったところで僕の命中精度では牽制にしかならない。
(もっと弾を買えればなぁ……)
 無いものをねだっても仕方がない。今使えるものは、ナイフとガントレットと予備の爆薬だけ。

 見れば、さっき銃弾を撃ち込んだところから火花が出ている。敵はそこを庇うようによろけているのが分かった。
(あいつ……。ダメージで関節が動かないんだ)
つまり、接近戦に持ち込めば勝機はある……!

 僕は後ろの壁を両足で蹴り飛ばした。
 まるで飛んでいるかのように、敵に向かって一直線に突っ込んでいった。

 すれ違いざまにナイフで首を切りつける。
 速度のついた良い一撃だったが、金属同士が削れる不協和音を奏でただけで、装甲に阻まれてダメージはほとんどない。

「ナイフでもダメか!?」

 ブーツの底でブレーキをかけながら振り返る。そこには、黄色に発光する敵の腕があった。
レーザーキャノンをチャージしているのだ。

(まさか、もう撃てるの……? まだ数秒しか経ってないのに!)

 装甲と武装。そのどちらも想定より格段に強い。
 敵を前にして、自分の考えが甘かったことを悟る。心に影が忍び寄ってくる。

——僕は、また、動けない。
 足が言うことを聞かなかった。本能的な恐怖で頭が塗りつぶされる。

(やっぱりまだ早かったんだ。黒江でも難しい敵を僕が勝てる訳……)

——ない。
そう思う直前。
左腕の籠手が、まるで折れかけた心を繋ぎ止めるように、青く輝いた。
 光自体はとても小さなものだ。籠手の装甲の隙間から溢れるだけ。
でも、その意味を僕は知っている。

 ナノマシンが限界まで溜まった証。
 自身へダメージを負わずに爆発を使える。
 恐怖が一瞬だけ消えた。

 光に応えるように、僕は腕を構える。
それは、レーザーキャノンの発射とほとんど同時だった。

 目が眩む閃光と衝撃、爆音を多種多様なVR装置が体に叩きこんできた。

「ぐっ!」

(触覚再現ベストなんて着るんじゃなかった!)

 爆発で発生した煙で敵が見えない。

「助かった……?」
 でも、まだ勝ったわけじゃない。

━━今の内に体勢を整えないと!
 すぐ近くに住宅の塀が見えたので急いでその影に滑り込んだ。

 塀の影からそっと覗くと、ちょうど煙が晴れたところだった。
 敵は当たりを見回している。どうやら僕のことを探しているようだ。
 慌てて頭を引っ込める。
 敵のHPは残り4割。それに対して僕のHPは残り5割。

 ここまで劣勢にもかかわらずHP量で勝っていることが、ガントレットの性能の高さを物語っていた。

(でも、一撃防いだだけだ……。)

 次も耐えられる保証はない。
 ナノマシンの充填が間に合わなければ、確実に死ぬ。
 僕はパニックに陥る一歩手前だった。
 心臓の鼓動がやけに大きく感じる。

——これはゲームだ。実際に死ぬ訳じゃない。

 そう自分に言い聞かせても心臓は落ち着こうとしない。
 塀の向こうでロボット特有の駆動が近づいてくる。

 ここにいても見つかるのは時間の問題だ。

(に、逃げないと!)

 咄嗟に足を踏み出した僕は忘れていた。以前と違い、静寂の指輪の効果がもうないことを。
 そして不運にも足元の地面は砂利だった。

 小石が軋む軽やかな音が盛大に響き渡る。
(しまった……!)

 アンドロイドが反応したのか、駆動音が一瞬止まる。塀越しに向こうからじっと見られている気がする。

 体中から冷や汗が噴き出てきた。
 攻撃が効かない。逃げることもできない。

 僕はほとんど自暴自棄になっていた。ミドリさんとベリーに助けてもらわないのは、もはや意地になっていたからだ。それに、応援を呼ぶために声を出せば、すぐ近くにいるアンドロイドに僕が攻撃される方が早いだろう。

せめてなにか━━もう一撃。

 手持ちで使えるのはナノマシンが切れたガントレットだけだ。
 僕は縋るような気持ちでストレージを開いた。当然、中身はほとんど入っていない。
 空欄だらけのホロウィンドウを覗いて歯噛みする。しかし、そこにあった数少ないアイテムを見つけた僕は、賭けにでることにした。

「迷ってる時間はないな……!」

 ストレージで見つけたアイテムとは、ガントレットに装填するための予備爆薬だ。デルからは爆薬を10本とその設計図を受け取っていた。既に2本使ったから残り8本。

 ガントレットに爆薬を1本装填する。残り7本を全てをストレージから取り出して持った。
 深呼吸して覚悟を決めると、僕は塀の反対にいるアンドロイドの真上目指して両足で地面を蹴り飛ばした。
 塀を超えた瞬間、敵に全力で持っていた爆薬を投げつける。突然のことにアンドロイドは対応しきれていない。赤い双眸で僕を追ってくる。

 空中を舞う爆薬の塊目掛けて、その上からハンドガンを向ける。

 たった2発の銃弾では敵を倒すことはできない。着火装置のない爆薬を投げただけでもなにも起きないし、ガントレットに装填して使えば自分にダメージがある上に、同時に全て使うことができない。
 しかし、爆薬をバラまいてから銃弾で起爆すれば安全に攻撃できる。
 2発中1発当たれば連鎖爆発できるが、当たらなければ痛烈な反撃を食らってしまうだろう。

 結果。
 銃口から放たれた弾丸は━━爆薬に命中した。

「やった!」

 爆発が次々に発生しては収束していく。閃光の隙間から、爆風で吹き飛ばされるアンドロイドが見えた。HPが急激に減少していく。しかし、残り1割でブレーキがかかった。

(なんで!? あの爆発で耐えられるのかよ!)

 残る爆薬はガントレットの中だがナノマシンが足りない。

━━でも、これなら勝てる!

 僕はアンドロイドの上に落下した。
 ダメージ覚悟のゼロ距離爆破。
 全く緩和されていない爆風で体が打ちのめされる。僕とアンドロイドのHPが破竹の勢いで減っていった。

 爆炎が収まったとき、アンドロイドは電子的なエフェクトを散らしながら消えていくところだった。

 ダートムのHPは残り1割以下。
 辛くも、僕は戦いに勝利した━━。

 

第11話 戦いの余韻

 ディフェンシブアンドロイドとの戦闘の直後、ミドリさんとベリーが駆け寄ってきた。

「よく勝てたね! 正直負けるかと思ったよ!」
「お疲れ様! 私も、見てて冷や冷やしてたのよ。とりあえず、勝利おめでとう」
「ミドリさんもベリーもお待たせ。 ギリギリだったけどなんとか勝てました」
「結局、最後まで私たちに撃たせないで一人で倒しちゃうんだから……。意地っ張りだよねぇー」
 ベリーが拗ねたような声で言った。
 それを聞いたミドリさんはベリーとは対照的に平然としている。
「まぁ、一人で勝ってこその腕試しよね」

(もしかして、ミドリさんは僕が応援を呼ばないのを分かってたのかな?)
 以前から思っていたけど、彼女は人の考えを読むことが得意なようだ。

「前は最後にミドリさんに助けてもらいましたけど、負けるのは悔しいじゃないですか。どうせなら1対1で勝ちたいし……」

「そういえばさっき爆薬を銃で撃ってたけど、あれは惜しかったね」

(……惜しい?)
「どういうことですか?」

「もう少し遅く撃ってればそれで勝てたと思うよ。さっきのは爆発がアンドロイドから少し離れたところだったからさ」
「━━そうか、それで爆薬7本も使ったのに倒しきれなかったのか……」

 僕はあのとき跳んで上から見てたから距離感が掴めていなかった。

「そのガントレット、上手く使ってたわね」
「そうですね。防御にも攻撃にも使えるので、便利です」
「でも、最後の自爆は良くやったと思うよ。私なら怖くて自爆なんてできないな」

「そういえば、ダートム。今HPいくつ?」
「今? 1割弱だけど……」
「はぁ!? 1割弱! ほんとにギリギリじゃん! はやく回復しないと━━」

 ベリーは慌ててポーチから注射器型の回復キットを取り出すと僕の腕に刺してきた。
 この回復キットは2分かけてHPを最大値まで回復するアイテムだ。

「え、あ、別にいいのに……。戦闘中じゃなければログインしなおすだけでHPは回復できるから……」
「そんなことは知ってるけど……。そ、そう狙撃! 誰かに狙撃でもされたらどうすんのさ」
「えぇ……。狙撃って━━」
「いいじゃない。ベリーちゃんはダートムのことを心配してるのよ」
「っ! ミドリさんは余計なこと言わないでください」
 ベリーはそっぽを向いてしまった。

(なんだかんだ黒江って優しいよな……)


 そんなことをしばらく話した僕らは事務所として使っているベースルームに帰ってきた。
 ドアを開けるとそこにはデルの姿があった。
「あら? あなたいつも徹夜明けは夕方まで寝てるのに。珍しいわね」
「ん、戻ってきたか。 いや~本当はもっと寝たいんだが、重要なことを思い出してね。すぐに起きた」
「重要なこと?」
「そう。ベリーの商品をまだ見せてもらってない!」
 デルが目を輝かせてベリーに詰め寄っていった。

(この人……ほんとにアイテムのことになると目つき変わるよな)

「あ、わたしの商品?手持ちのものなら今見せられますけど……」
「ぜひ見てみたい!」
 デルとベリーは工房の机に行き、アイテム談義を始めてしまった。

 そんなやり取りを見ていた僕は隣のミドリさんに声を掛けられた。
「ねぇダートム」
「はい。なんですか?」
「腕試しもしたことだし。そろそろメッセンジャーとしての仕事、してみる?」

(願ったり叶ったりだ。バイトに採用してもらってからまだ一度も仕事らしいことをしてないし)
「でも……。良いんですか? 僕まだ弱いですけど」
 ミドリさんは少し考えるような素振りを見せながら話始めた。
「さっきの戦闘を見ていて思ったのよ。あまりモンスター相手に戦っても変な癖がつくかもって」
「変な癖……ですか?」
「ええ。モンスターとプレイヤーは、動きが基本的に違うでしょ?それに、私たちはメッセンジャーだから戦闘に勝たなくても、逃げても良いわけだし」
「なるほど。確かにそうですね」
 言っていることは本当だと思う。しかし、まだ不安要素はある。
「でも、僕のレベルだと攻撃すら効かないこともあるってアンドロイドと戦ってて分かったんです」

 ミドリさんはまるで、その言葉を待っていたというかのように得意げな顔になった。
「だから、私も一緒について行くのよ」
「へ?」

 言っていることはわかる。要は、僕に足りない攻撃力をミドリさんが補うということだ。しかし、わざわざ僕を雇ったのはミドリさん自身が攻撃にさらされずにメッセンジャーを普及させるためだと思っていた。もしそうでなければ、ミドリさんが一人でメッセンジャーをしていれば良いのだから。
 それに、仕事は完全歩合制だったはず。僕の給料が減るのは望ましくない。
つまり━━
「それだと仕事の意味が……」

 反論を言おうとしたとき、ミドリさんが遮ってきた。
「いいでしょ! 雇ったのは私なんだし。給料も変えなくていいから。……私も最初はあなた一人でやってもらおうと思ってたんだけどね。でも、なんだか不安になっちゃって」

(不安になった!? そんなに僕は頼りないかな?)
 いや、事実だ。僕は頼りない。それは自分でもわかっていた。でも面と向かって言われるとさすがにショックだった。

「え、あ、あなたが弱いからって意味じゃなくて……それも少しあるけど」
 落ち込む僕を見たミドリさんは慌てた様子でそう言うと、俯いて続きを口にした。
「ダートムが頑張って戦ってるのに私は見てるだけなんて、なんか卑怯な気がするのよ」

「……卑怯、ですか?」
「ええ。私、卑怯なのは嫌いだから」

「━━別に僕は卑怯だと思いませんよ。でも、わかりました。それなら一緒にメッセンジャーやりましょう」
 別に卑怯とは思っていない。これは本音だ。ただ、彼女はとっても誠実な人なんだろうなと思った。

 ミドリさんは照れながら僕を見てくる。
「ありがとう」

 それから僕たちはメッセンジャーとして初仕事となる作戦会議を始めた。


 事務所の中でベリーとデル、ダートムとミドリの話し声が賑やかに響く。
 僕は、この瞬間を心地良いと思った。

 

第12話 サイドストーリー:ベリーから見た景色

 わたしは黒江南。この春、大学に入学した女子大生。
 オーグではベリーという名前で露店の雑貨屋をしている。
 最初は「ゲームで稼げたらお得じゃん!」という思いで始めたものの、商品の仕入れが思ったより大変で学業との両立に苦労した。

 同じ高校出身の月村直紀とは最近よく話すけど、実は高校生のときから彼のことは気になっていた。
 彼は友達がいないらしい。というか、誰かと一緒にいるところをほとんど見ない。
 わたしはそんな彼が心配で時々様子を伺っていた。

 1年前、高校3年生になったばかりで世間がオーグの発売で盛り上がっていたころ。
 風の噂で直紀もオーグをプレイしているらしいと知ったわたしは彼との会話のきっかけにならないかとオーグを始めた。でも、オーグが発売されて以降、ますます彼は人を寄せ付けなくなっていった。
 心ここにあらずというか、まるでデジタル世界しか見ていないような目をしていた。
 そんな様子の直紀に話しかける勇気は、残念ながらわたしには無い。でも、高校卒業が間近に迫るころには、いつの間にか彼の目は普通に戻っていた。

 結局、ほとんど会話できないまま高校を卒業してしまったけれど、偶然、大学が彼と同じだった。
 わたしにはこれが運命的なものに思える。
 今度こそ後悔したくないから、わたしは直紀に声を掛けたんだ。

 それからというもの直紀とは少し仲良くなれたと思うの。
 彼もオーグをプレイしているはずなんだけれど、わたしの話は楽しそうに聞いてくれるのに自分のことは余り話してくれない。なにか聞かれたくないことがあるんだろうから無理に聞こうとはしないけどね。

━━

 もう少し彼と仲良くなりたくてパソコン部に誘った結果。色々知ることができた。思い切って誘ってみた自分を褒めてあげたい。
 直紀が自分からオーグの話をしない理由が分かった。彼は戦闘がとても苦手なのだ。そのことを隠したかったのだと思う。
 そこで、わたしの先輩であり、雑貨屋のお客さんでもある緑さんが彼に色々と協力して戦闘訓練をしているらしい。

(わたしが緑さんにオーグについて色々と教えてあげたんだから。直紀もわたしから聞けばいいのに……)

 わたしとしたことが、緑さんに嫉妬してしまった。でも仕方ない。彼が緑さんのバイトを受けていたなんて知らなかったんだから。
━━世の中って案外狭いなぁ。
 そんなことをぼんやり考えていた。

━━

 パソコン部の部長、清水蒼矢先輩のアバターはデルという名前らしい。
 清水先輩は一見頼りない感じだけど、実はすごい人だった。
 たった一晩であの高性能のガントレットを作ってしまうんだもん。プロのクラフターというのも頷ける。
 わたしは今まで沢山アイテムを見てきたけど、装飾品の特殊な効果を分析して作り替えるなんて聞いたこともなかった。そんな先輩がわたしの商品を見たいと言ってきた。
 正直、恐れ多いと思う。

(先輩にがっかりされないと良いんだけど……)

 不安に思いながら先輩に促されるまま商談をすることになった。


XXXXX


現在
 ベリーとデルはミドリのベースルームにある工房で話をしていた。

「この前、ミドリが君にところに買いに行っただろ?」
 デルさんは多分、わたしがミドリさんと知り合ったときのことを言っているのだろう。
「はい。来ましたよ」
「だよな。そこでミドリが買ったものを見せてもらったら質の高いものばかりだったからさ。ずっと他の品も見てみたかったんだ」
 デルはとても楽しそうにしている。
「あ、ありがとうございます」
 どうやら既に商品の質には満足してくれていたらしい。わたしとしても一安心だ。

「ベリーはどこで品物を仕入れてるんだ?」
「仕入れ先ですか? えっと……基本的にモンスターからのドロップアイテムですよ。短時間で効率的に稼ぐために、遠出して大きな公園とか森があるところによく行っています」

 実際、オーグで遠出するのはそれほど難しくない。アバターで電車に乗っても料金は取られないから駅で適当な方向の電車にアバターを載せておけば時間はかかるが、簡単に長距離移動できる。しかも、一度ログインマーカーを設定しておけば、2回目以降は直接その場所にアバターを出現させることもできる。

 先輩はなにか納得したように頷いている。
「そうか。公園と森か……。街中はモンスターの取り合いだから。大量の商品がどこから出てくるのか気になっていたんだ。ありがとう」
「あ! でも結構強いヤツが多いのでもし行くなら気を付けた方がいいですよ? それと、ちゃんとわたしからも買ってくださいね?」
 あぶないあぶない。もし先輩が自分でアイテム集めを始めたら、大事な客を一人逃がしてしまうところだった……。

「ああ。もちろん。 じゃあ早速商品を見せてほしいな」
「わかりました。準備するのでちょっと待っててくださいね」
 そう言うとわたしはいつも露店を開くときにしているように営業の準備を始めた。ただ、今回は場所が広場や道じゃなくて屋内だから、簡易的だけどね。

 

第13話 サイドストーリー:ベリーの商談

 わたしは慣れた手つきでストレージを開いて商品や道具を置いていく。
 いくつもの値札のついたトレイには装飾品が陳列され、クラフト用の部品などは小さな袋にいれてまとめ、武器や防具の名前と性能が書かれたカタログを置く。
 陳列作業が終わる前からデルは興味深々といった顔で落ち着きがない。

(こういうところは子どもっぽいな)

 先輩の様子を見て和んでいるうちに作業が終わった。
「はい!これで準備は終わりましたよ。ってもう見てますよね。なにか気に入ったものはありますか?」
 デルは並べられたアイテムを次から次へと見ていた。
「ん? あ、あぁすまない。ちょっとはしゃぎ過ぎだよな」
 照れて笑いながら頭を掻いている先輩の仕草が、なんだが可愛く思えてきた。でも顔には出さずに黙っておくことにする。

 わたしの店は雑貨屋といってもオーグ内なので日用品などは無く、色んな物を集めて売っている。
 例えば銃や剣などの武器防具。手榴弾やフレアガンなどの消費アイテム。クラフトに使える素材や部品等だ。
 また、数は少ないが特殊な効果のある装飾品も取り扱っている。
 戦闘とは関係ないものだと、伊達メガネ、髪留め、染料などのオシャレアイテム。腕時計やライター、ロープ、用紙、などの実用的なアイテムもある。
 さらに、倉庫として使っている自宅には他プレイヤーから仕入れた家具類や大きなインテリア等もある。

「本当にいろんなものがあるんだな……。お、これは?」
「ああ。それはクラフト用アイテム詰め合わせセットです。頻繁に使う素材系のアイテムはそうやってまとめてあるんです」
「へぇ。中には何が入ってるんだ?」
「えっと。ネジが10個、LEDが10個、モーター1つ、回路基板が1枚。スイッチが10個、バッテリーが1つ。……これで500ゴールドです。お得ですよ」

「それで500ゴールド!? 随分安いな」
 オーグ内の部品系アイテムは敵を倒せば簡単に手に入るため、現実の類似品より比較的安い。それでもわたしは敢えて値段を低めに設定している。
「ですよねー。部品はすぐにモンスターから手に入るんですけど、オシャレアイテムとか特殊な効果があるアイテムはあんまり落ちないんで、そっちは少しお高くしてあります」
「なるほど。それでこの安さかぁ」

 そんなやり取りを何度かした後。デルはクラフト用のアイテムとステータス上昇効果付きの装飾品、ライターやロープなどをいくつか買ってくれた。

「良い買い物ができたよ。ありがとう」
「いえいえ。商品は売れてこそですから」
 やっぱり集めた品を買ってもらえるのは嬉しい。しかも先輩に満足してもらえたようで良かった。
「そういえば普段はいつ店を出しているんだ?」
「いつ……? 特に決まってないですよ。品物が仕入れられたら不定期にやってます」
「そうか、やっぱり不定期なのか。……前にミドリと会ったという場所に何度か行ってみたんだが中々会えなくてね」
「え! っと、それはすみません」
 タイミングが合わなかっただけとはいえ、わざわざ探してくれていたなんてなんだか申し訳ない。
「いや、偶然なんだから、ベリーが謝ることはないよ。今日はお得な買い物ができたし」
「それなら……良かったです」

(あとで営業日を決めておこうかな……)
 オーグにはNPCショップが沢山ある。プレイヤーが営業している雑貨屋が少ないとはいえ、自分の店がそこまで好かれているとは思っていなかった。

 わたしはガッツポーズした。もちろん恥ずかしいから心の中だけでね。


「ところで、話は変わるんだが……ちょっと聞きたいことがあるんだ」
 デルは話していいのか迷う素振りで話しかけてくる。
「ん? なんですか?」

(聞きたいこと。 ってなんだろ?)

 彼は「以前知り合いのクラフターから相談されたんだが」と前置きしてから話始めた。
「ほら、クラフターはステータスポイントの多くをクラフトに振っているだろ? それで戦闘に勝てなくて困ってるらしくて……。いろんなアイテムを知ってるベリーなら、弱いクラフターでも勝てるようになるアイテムとかを知ってるんじゃないかと思ったんだけど……。なにか心当たりとかあるかな?」

(これはムズカシイ質問だなぁ……)

 弱い人を強くする。一口に強くすると言っても、強さには色々ある。それが難しさに拍車をかけている。
単純に足りない要素を補う。つまり装飾品でステータスを上昇させることもできるが、装飾品は装備できる数に限界がある。
「うーん。さすがにそんな強力なアイテムに心当たりはないですね」
「だよなー。やっぱり無いよなー。もしあったら俺が似たようなものを作れればって思ったんだけど……」

「って、あれ? そもそもクラフターが戦う必要があるんですか?」
(クラフターは先輩みたいに他のプレイヤーから依頼を受けて稼げるわけだし、一般的なゲームの生産職は戦う必要性は低いと思うんだけど……)
 わたしが疑問を口にすると先輩は驚くことを言ってきた。
「あ、俺もはじめはそう思ったんだけど、その相談をしてきたヤツ曰く、最近クラフターだけを狙ったPKが横行しているらしい」
 デルの顔が険しくなった。
 PKとはプレイヤーキラーの略語だ。故意に他のプレイヤーに攻撃する人や行為を指す。

「なるほど。クラフターを狙ったPK……。悪質ですね」
「だろ? PK自体はゲーム内なんだから別に悪いことじゃない。むしろ楽しい部類だ。でもそれは、フェアな戦いの場合であって、今回の件はクラフターが戦闘に弱いと知ってて故意に狙っているんだよ」

 それを聞いて話の全体が見えてきた。
「つまり強くなってPK達に反撃したいってことですね?」
「その通りだ」
 デルは強く頷いた。

 オーグはゲームであって、せっかくゲームをするなら皆が楽しい方が良いに決まってる。それに、クラフターはわたしの大事なお客になってくれる人たちでもある。
できることなら力になりたい。でも残念ながらわたしは助けになれるようなアイデアは持ち合わせていなかった。
「うーん。……今は力になれませんけど、何か助けになる情報とか良いアイデアがあったら知らせます」
「ありがとう! そうしてくれると助かる」
 先輩は安堵したように笑った。
「はい! お客さんがゲームを楽しむためなら。わたしにできることなら何でも言ってくださいね!」
 わたしはデルと協力の約束をした。


 この出来事が巡り巡ってオーグの戦闘を劇的に変化させてしまうと知るのは、まだ先の話。

 

第14話 メッセンジャーの存在意義

 僕はメッセンジャーとして初仕事のためにミドリさんと事務所(ベースルーム)で作戦会議をしていた。
 工房の方からはベリーとデルが何か楽しそうに商品をやり取りする声が聞こえてくるが、気にせずに話を続ける。

「まず、メッセンジャーの基本から説明するわね」
「はい。お願いします」
 ミドリさんはストレージから”マニュアル”と書かれた冊子を取り出すとページをめくりながら語り始めた。
「この仕事は最近出没しているアイテム転送システムを悪用する事件の被害を抑える目的で行っている。これは良いわね?」
「誰かが転送システムの記録を盗んで、受け取りに来たプレイヤーを狙い撃ちにしているってことでしたよね」
「ええ。その通りよ。だから私たちが代わりに荷物を運ぶの。……これでメッセンジャーの必要性が認知されたら、人をもっと雇って規模を大きくするつもりよ」

 オーグはインターネットとは違い、プレイヤーの動きはグローバルではない。売買などで、アイテムを長距離運搬するときや、高価なアイテムの運搬だけメッセンジャーが必要なのであって、それ以外は直接プレイヤー同士が会えば済む話ではある。そのため、いきなり大規模で始めるのではなく、限定した地域で、限定した規模でメッセンジャーを周知させることが僕の役目なわけだ。

(そういえば、前に話したときにハッキングされていることを運営は対処しないって言ってたっけ……)
 そのことが気になった僕は意を決してミドリさんに聞いてみることにした。
「あ、あの……。まだ運営は襲撃者の対策とかできないんですか?」
 ミドリさんは困った顔をした。
「え、っと」
 どうしよう。ミドリさんが困っている。
「あ、言えないなら無理しなくて大丈夫です。少し気になっただけなので」
 僕は慌ててフォローを入れたが、彼女は軽く首を横に振った。
「いえ、もうリアルでも会っていることだし。できる範囲で教えるわ」
 そこで言葉を切り、視線を宙に彷徨わせた。
「私、探偵をしているの」
「探偵……ですか」
 言葉の意味を理解するのに数秒かかった。目を見開いて瞬きを繰り返す。
 ミドリ。いや、あの大学三年生の高木緑さんが探偵? 大学に通いながら?
 僕の偏見に満ちた探偵のイメージと言えば、独身の渋いおじさんが街で浮気の調査とか迷子のペット探しとかしている感じなんだけれど。
「ええ。元々実家が探偵業をやっていて、引き継いだの。それで、今回のメッセンジャーの仕事を始めたのも探偵の仕事として依頼されたからなの」
「メッセンジャーが依頼されたもの……? 誰からですか?」
「ごめんなさい。守秘義務があるから、今言えるのは依頼主がオーグの運営関係者ということと、襲撃してくる人たちの正体が分からないってことだけよ」
 そこで彼女はふと思いついたように独り言をつぶやいた。
「でも……。そうね。聞いてもらった方が早く解決するかも」
「ん? 何ですか?」
「あ、いいえ。何でもないわ」
「そう、ですか」
 僕には彼女のつぶやいた言葉の意味を理解できなかった。
(いつか教えてほしいな)
 謎が一つ解ければ2つ謎が出てくる。僕はもう頭の中が疑問でいっぱいだった。

「ところで、さっきの続きだけど」
「あ。はい」
 そういえば、今はメッセンジャーの基本について話しているんだった。
━━会話に集中しないと。

「仕事の手順は3段階よ」
 彼女は指を一本立てて説明を続ける。
「1、配達依頼をゲーム外のメールで私が受け付ける。街中にメールアドレスを書いた依頼募集の貼り紙を貼るの。ゲーム外のメールなら襲撃者たちはおそらく見てないでしょうし」
 彼女は指をもう一本立てた。ちょうどじゃんけんのチョキのような形になる。
「2、依頼の中からこの周辺で受諾可能な案件を選ぶ。顧客からアイテム転送端末であなた宛てにアイテムを送ってもらうの」
「え? 転送端末を使うんですか? 襲撃されるんじゃ?」
 アイテム転送端末を使う代わりに僕が運ぶんじゃなかったのか。それに、噂の襲撃者からミドリさんはどうやって顧客の安全を守るのだろうか。
 僕が疑問を口にすると、ミドリさんは頷きながら得意げに言った。
「そうよ。でも転送端末を使って襲われる可能性が高いのは受け取る側だけだもの。奴らは、客が転送端末を使うことを予想はできても、それがいつかは分からないでしょ?」
 要するに配達依頼を出すプレイヤーは安全だが、僕は危険になるわけだ。
「つまり、僕は端末からアイテムを受け取ったら、それをすぐにストレージの保護枠に入れて逃げれば良いってことですか?」
「うん。でも、できれば攻撃される前にログアウトして場所を変えた方が良いけどね」
「なるほど」

 オーグでは非戦闘状態、つまり誰も攻撃せず、誰からも攻撃されていなければ、ログアウト直後にアバターは消えるが、戦闘状態ではログアウトしても3分間はその場にアバターが残る仕組みになっている。
 そのため、アイテムを受け取ってから奇襲を受ける前にログアウトできればメッセンジャーも安全に配達ができるというわけだ。

(よかった。これなら僕も安全に仕事ができそう)
 彼女は指を三本立てて説明を続ける。
「3、今話したように荷物を端末で受け取ったらメールで指定された場所に届けるの。ただし、襲撃者を倒すか、逃げてからじゃないと奪われるかもしれないからその点は気を付けてね」
 僕は大きく頷いた。
「わかりました」

「あと、私の依頼主がね。メッセンジャーを普及させる前に、襲撃者の正体を探って欲しいと言ってきたの」

(依頼主が……正体を探る?)

 これは僕の推測だけれど、ミドリさんの依頼主はメッセンジャーを普及させることで、これ以上被害が大きくならないようにし、不正アクセス問題の解決のための時間稼ぎをしているのだと思う。
━━つまり、
「それって……オーグにハッキングしている犯人を見つけろってことですか? 荷運びとは別に?」
 おそらく、メッセンジャーよりも犯人捜しのほうが仕事の優先度は高そうだ。犯人が見つかってしまえば襲撃はできなくなるから問題は根本的に解決できる。
 ミドリさんは僕の言葉を聞くや、感心するような声で言った。
「ええ。その通りよ。理解が早くて助かるわ」
 そこで言葉を切り、僕を見つめて続けた。
「……それじゃあ、具体的に初仕事について説明するわね」
「はい。お願いします!」

 

 

SFガジェット辞典

SFガジェット辞典

はじめに

この記事ではSF(サイエンスフィクション)で登場する道具や概念をまとめたものです。 

また、記事内の画像は私がPS4/PS5のゲーム「ドリームズユニバース」で勝手にイメージを形にしたものを参考画像として載せています。参考程度に眺めてください(笑)

 

装身具

ARデバイス

一般的なSF作品では拡張現実によって視界内に映像を投影するものがしばしば登場する

眼鏡やコンタクトレンズ、網膜投影、直接脳に信号を送ったり、ホログラムなど、方法は様々だが多くのSF作品に登場している。

 

インプラント

皮下に電子部品などを埋め込むこと(サイバーパンクに多く登場する)

電子部品によって様々な用途がある 

 

サイボーグ

筋電義手、義足など体の一部を機械で補完、拡張する

 

兵器

エネルギー兵器

f:id:grif4869:20210210122824j:plain

↑エネルギー式自動小銃

アサルトライフル、ハンドガン、スナイパーライフルなど作品によって様々な種類がある。

衝撃波などを放つ特殊な武器などもSF作品では頻繁に登場する。

 

ドローン

無人機のこと

主に遠隔手動操作タイプと自立制御タイプが多い。

(ドローンはここ数年でかなり実用的になってきているのでフィクションではなくなってきている)

 

カタナ

電気ショックやエネルギーブレードなどの改造が施された日本刀

(SFというよりサイバーパンクかも?)

 

シールド

エネルギーで盾を形成するタイプ、瞬時に展開して盾を形成するタイプなど色々な種類がある

 (あまりメジャーではないけどカッコイイから載せてます!)

変形する装備

可動式バイザー付きヘルメットなど

 

乗り物

空飛ぶ車

 ジェット推進式や反重力式など様々な方法で浮かぶ車のこと

 

ホバーボード

反重力装置によって浮かぶ板状の乗り物のこと  

 

ジェットパック

背中に背負って使用する一人用のジェット噴射による飛行装置

(すでに実現しているのでフィクションではなくなってきている)

ジェットブーツ

f:id:grif4869:20210210123237j:plain

ジェット噴射装置を靴に取り付けたもの

 

建物

SF風な建物、家具など

 

概念

アンドロイド

ヒト型ロボット

 

AI

AI(人工知能)のこと

アンドロイドは基本的にAIによって制御されていますが、「AI」単体では物理的に制御する機体は無い場合が多いです。

また、一つのAIがインターネットを介して大量のアンドロイドを遠隔操作する作品もあります。

 

惑星間航行

地球に似た環境の惑星に人類が進出する作品などがある。

最後に

この記事は情報がまとまり次第追記していく予定です。

最後までご覧くださりありがとうございました。

この記事によって皆さんが思い描くSF世界が少しでも賑やかになれば幸いです!

また、ここで挙げた一部の道具はPS4/PS5のゲーム「ドリームズユニバース」で再現して公開しています。自由にお使いください!

↓リンクはこちら

indreams.me

 

↓ドリームズユニバースについてはこちらの記事もあります。

sf-action.net

アクションゲームを楽しくする方法!

 

f:id:grif4869:20201010234615j:plain

はじめに

さて、このページを読んでくれている皆さんはアクションゲームをプレイしたことが一度くらいはあると思います。大抵はゲームの仕組みに沿ってひたすら敵を倒しているのではないでしょうか?

私はそんな時「ただ敵を倒すのでは物足りない」、「アメコミやアクション映画みたいなカッコイイ戦闘がしたい!」と思うようになりました。

そこで、ある程度自由度が高いゲームで再現出来て、戦っていて楽しく、自分に合っているもの。それを探し出す過程で思いついたものをこの記事ではまとめています。

ここではウォッチドッグス2や 、マーベルアベンジャーズ、インファマスセカンドサン、インファマスファーストライトなどを例に挙げて説明します。

 

行動の基本

戦闘中に限らずゲーム全体で意識することは以下の2つです。

  1. カバーを多用する 

  2. 好きなBGM(音楽)をつける

ひとつずつ解説します。

1.カバーを多用する 

シューティング要素のあるゲームではカバー(遮蔽物に隠れる)ができるものが多々あります。そして大抵はカバーの操作をするとキャラクターがその場所に引き寄せられますよね。

そこで、遮蔽物に「隠れる」動作を利用してカッコよく移動しようと考えたわけです。

 ⇩がウォッチドッグス2で実際に試した動画です。

 

2.好きなBGMをつける

これは単純に気分の問題ですが、私は普段ヘッドホンでハードロックなどを聞きながらゲームをしています。ただ敵を倒すだけでもBGMが有るのと無いのとではかなりイメージが変わりますね。ちなみにPS4ではUSBミュージックプレイヤーを使うと持っている音楽をPS4で聴けるのでお勧めです。

アクションの基本

カッコよく戦うコツは以下の4つ

  1. 周りの動きを止めてから攻撃する
  2. 人間らしい小さなアクションを挟む
  3. 一撃で倒さない
  4. 相手の攻撃を受け切ってから一撃で倒す
1.周りの動きを止めてから攻撃する

複数の敵を同時に相手する場合、一人に攻撃しても周りの他の敵から攻撃されますよね。

なので、近くの敵に攻撃するときは先に周囲に軽く攻撃(銃があれば足や胴体を撃つなど)して、周りを足止めしてから最寄りの敵を倒せば勝率が上がると思います。

⇩がマーベルアベンジャーズで実際に試した動画です。(※音が少し大きいかも!)

 

2.人間らしい小さなアクションを挟む

 私がゲームでつねづね感じていた違和感の一つは「挙動のゲームらしさ」です。実際の人間はやらないことをゲームのキャラクターでは頻繁にしています。(例えば、「壁に向かって歩き続ける」とか「同じ動作を繰り返す」など)

なので、そうゆう不自然な動作をしないように戦闘をするとカッコよくになると思います。

そこで、ゲームで敵に接近するときは壁を蹴るなど小さな動作を挟むと良くなるのではないかと閃きました。

⇩がインファマスセカンドサンで実際に試した動画です。

 

3.一撃で倒さない(コンボ技)

戦闘で効率を追求すると、敵に最短距離で接近して威力の高い攻撃を選んで一瞬で片を付けることが理想的です。が、それでは爽快感は得られても一つ一つの戦闘を楽しむ余裕は余りないと思います。

なので、敢えて威力の低い攻撃を数発いれてから一撃で倒すことで戦闘を演出します。

というか、基本連続攻撃のコンボはこの形ですよね。

⇩がインファマスファーストライトで実際に試した動画です。(※音が少し大きいかも!)

 

4.相手の攻撃を受け切ってから一撃で片を付ける

3と矛盾しますが、場合によってはこちらもおすすめです。しかし、攻撃を回避、ガードするにはプレイヤーの技術力にもよるので難しいかもしれません。

⇩がマーベルアベンジャーズで実際に試した動画です。(※音が少し大きいかも!)

 

終わりに

読んで下さりありがとうございました!

ここで書いたのは理想論であって、実際のゲームで実践できるかはまた別の話ですが、

同じように感じている人のゲームライフを少しでも盛り上げられれば幸いです!

 

 

ドリームズユニバース テクニック逆引きリスト

ドリームズユニバース テクニック逆引きリスト

はじめに

この記事はドリームズユニバースでゲームを作る上で私が躓いたことと、その解決法を記録したものです。

 

dreams universe使い方、ゲームの作り方の基本的なことや便利な小技を書いています。

 

ちなみに、ドリームズユニバースとはどんなゲームなのか知りたい方は、この方の記事が分かりやすかったのでリンクを載せておきます。

hachinosubunbun.hatenablog.com

 

スカルプチャー関係

スカルプチャーが繋がって見えない

滑らかに繋がった物体を作りたいのに切れ目ができてしまう場合、問題はスカルプチャーの隙間に何もないことが原因なので、隙間を埋めるように二つのスカルプチャーのどちらにも、球体などを追加することで解決できます。

「グリッド・スナップ」や「キッチリ移動」などの機能を使うとより綺麗になります。

↓繋げたいもの

f:id:grif4869:20201231153541j:plain

↓球体を設置して隙間を埋める

f:id:grif4869:20201231153547j:plain

↓完成

f:id:grif4869:20201231153551j:plain



スカルプチャーにスプレーしても色が変わらない場合

そのスカルプチャーの手直しメニューを開き、表面のプロパティの「ミックス加減」と「オリジナルの彩度」と「カラーをミックス」をデフォルトに戻すと解決できると思います。

 

スカルプトがぼやける

ツールの「シンプル化」をマイナスで使うことでくっきりする。

↓角が丸い時

f:id:grif4869:20201222103749j:plain

↓「シンプルにしない」を行う

f:id:grif4869:20201222103754j:plain

↓角がくっきりしますが、グラフィック容量が大きくなるのでやりすぎには注意

f:id:grif4869:20201222103759j:plain

 

ふさふさした毛を作りたい 

スカルプトモードを開く
フレックを「クサムラ」に変更する。
シェイプエディターを開いてゆるみ具合を上げる。
ゆるみ具合を上げるほどふさふさ具合が上がるが形が崩れるため形をあまり崩したくない場合はペイントモードで表面に同じ色のクサムラをサーフェイススナップなどで貼り付ける。
より立体的な毛や長く見えるようにしたいときはペイントのフレックのプロパティの「インパスト」「ゆるめる」「ストレッチ」の値を変える。

↓プロパティの値を変える前と後

f:id:grif4869:20210303143857j:plain

また,ペイントの物理のプロパティの「物理」をオン,「フラフラ具合」の値を変えるとペイントが動くようになる。

 

細長い毛を作りたい

ペイントモードでフレックをヘビーにする(デフォルトの状態?)
十字キー下でサイズを小さくする
グリッドスナップをオンにして好きな長さになるように一直線にペイントする
好みに合わせてペイントの物理のプロパティを設定する

f:id:grif4869:20210303143942j:plain

 

キャラクター関係

作ったキャラクターモデルをキャラクターとして扱うには

キャラクターのモデルをゼロから作り上げたときに、それをキャラクター(操作できる人形)とするには、ガジェットからパペットを設置して、作った人型モデルのパーツをすべて選択して掴んだ状態でパペットにスコープインして設置します。

(パペットは削除しても良いですし、自作のキャラクターにまだコネクターを付けていないならパペットの頭や胴体、手足に重ねる形でパーツごとにスコープインして設置すれば、自分でコネクターを設置する手間がなくなるかもしれません。)

次に、スコープアウトしてキャラクターの手直しメニューを開きます。人の構造ページを開いて、作った人型モデルのパーツを部位ごとに設定(例:頭として作ったパーツならメニューにある頭の位置の〇を選択して、キャラクターの頭を選択)します。

 

f:id:grif4869:20201222103615j:plain

f:id:grif4869:20201222103609j:plain

f:id:grif4869:20201222103555j:plain

f:id:grif4869:20201222103559j:plain

f:id:grif4869:20201222103605j:plain

f:id:grif4869:20201222103814j:plain

f:id:grif4869:20201222103809j:plain

↓操作できてアニメーションに違和感がなければ完成!

f:id:grif4869:20201222103804j:plain

 

人型を作ったのにゲームを再生すると崩れる

キャラクターを形作っているパーツ1つ1つの手直しメニューを開いて、「移動を許可」をオフまたはオンにして動かしてみる。これで治ることもあります。

f:id:grif4869:20201222103624j:plain

f:id:grif4869:20201222103619j:plain

 

「パペットのインターフェース」ガジェットの「移動の強度」や「歩く強度」、「走る強度」が出力されない

パペットからスコープアウトして、キャラクター全体の手直しメニューを開き、オートアニメーションの項目の「オート歩行」などをオンにすると出力されるようになると思います。

 

高所から落下するときにカメラがキャラクターを追従しない

キャラクターの下にブロックをおいてキャラクターとブロックをスライダーの最長距離と最短距離を同じにして固定する。ブロックをキャラクターにだけ当たるようにラベルとコライド設定して、ブロックを非表示にする。

 

f:id:grif4869:20201222103701j:plain

f:id:grif4869:20201222103656j:plain

f:id:grif4869:20201222103651j:plain

f:id:grif4869:20201222103647j:plain

f:id:grif4869:20201222103637j:plain

f:id:grif4869:20201222103633j:plain

f:id:grif4869:20201222103628j:plain

顔の表情を変えられるようにしたい

顔を口を開けた状態で作る。次に目、鼻、口、頬を細かくスカルプトの切り抜き機能を使って分割してコネクターでつなげる。そして、それぞれの表情のアニメーションを作る。

 ↓こちらの方の動画が大変参考になりましたので貼っておきます。

 

四足歩行キャラクターを作りたい

パペットの体を前に倒す。

f:id:grif4869:20210303144018j:plain
↑このように手足のポーズを作る。
私はパペットの手のパーツの先に一つパーツを加えた。
私は手足の各パーツを長方形に置き換えて長さを調節した。ついでに頭も置き換えた。

f:id:grif4869:20210303144039j:plain
長方形と丸ジョイントで尻尾を作る。
しっぽはキーフレームで制御しても良いが私はフォロワーを使った。

待機の設定
パペットのインターフェースの「待機の強度」から待機しているポーズのキーフレームにつなげる。

↓待機しているときの前足をキーフレームに保存する。

f:id:grif4869:20210303144105j:plain

しっぽの制御
しっぽのオブジェクトは密度や重力はなくす。
しっぽのコネクターの手直しメニューの「回転をロック」をオン,角度の制限をする。
しっぽの先端にフォロワーをつける。
しっぽの先端の少し先の位置にブロックを置く。
ブロックのコライドOKはオフ,密度や重力はなくす。
ブロックをパペットにグループ化。
ブロックにタグをつける。
しっぽの先端のフォロワーがタグをフォローするように設定する。
私はフォロー速度を遅くしました。好みの数値にしてみてください。

f:id:grif4869:20210303144136j:plain
キーフレームでブロックの位置を変えることで尻尾を動かすことができる。
ブロックを非表示にする。

歩かせる方法
後ろ足はオート歩行を使う。
パペットの手直しメニューで設定を好みに合うように変更する。
私はキーフレームに変更を保存して変更点が分かりやすいようにした。

↑このように前足のアニメーションを作る。
パペットのインターフェースの「歩く強度」をタイムラインの電源につなぐ。

走らせる方法
タイムラインを置きはパペットのインターフェースの「走る強度」をタイムラインの電源につなぐ。

タイムラインの中にパペットのオート歩行をオフに設定したキーフレームを置く。
↓走るアニメーション

ジャンプの方法
パペットの手直しメニューをキーフレームで変更する。
パペットのインターフェースの「ジャンプの上昇」「ジャンプの頂点」「ジャンプの下降」にそれぞれキーフレームをつなぐ。

ガジェットの「NOTゲート」を置き,パペットのインターフェースの「地面上」からつなげる。
NOTゲートからキーフレームにつなげてそのキーフレームに「歩く」「走る」タイムラインの電源を切る設定にする。
↓各キーフレームの内容

 

アニメーション関係

キーフレームで設定したように動いてくれない(パペットがピクッと上下に動いてしまう)(足がスムーズに動かない)

オート歩行をオフにすると解決。

オート歩行をオフにするのはワイヤーを使って切り替える方法とキーフレームにオフの状態を保存する方法がある(キーフレームで設定する場合は名前を分かりやすいものにすると混乱しにくくなる)

オート歩行をオフにしないと歩くアニメーションが少し影響して足が少し動いたり上下に動いたりする

 例

↓このポーズにしたい場合

f:id:grif4869:20201231153556j:plain

↓キーフレーム以外の動作がなくなる

 

タイムラインを使ったアニメーションがうまく作れない

1.タイムラインのキャンバスをL1ボタンと十字キー右でズームして縦線を出すことで目盛りを細かく見ることができる。

2.体の部位ごと(「腰と足」「胴体」「腕」「首と頭」)にキーフレームを分けると修正や,タイミングの調節がしやすい。

3.タイムラインの最初と最後に何もしていない状態のキーフレームを置いて待機状態とアニメーションを滑らかにつなぐことができる。

4.ひとつ前の状態のキーフレームをコピーしてアニメーションを作っていくとミスが少なくなる。

5.よく見せたい、特徴的なポーズのキーフレームを引き延ばす。

6.動きの速いところはキーフレームの数を少なめで間隔を狭める。

↓パンチアニメーションの場合

 

移動を伴うアニメーションを作りたい

体の大まかな位置を変えずにアニメーションを作り、ムーバーを使って移動させる。ムーバーは2つ使用する。1つ目は移動するため、2つ目は速度を落とすため。

 f:id:grif4869:20201231153602j:plain

 ↓キーフレームの動き

 ↓実際に動かしてアニメーションと移動距離があっているか確認する

 

キーフレームのアニメーションがエディット中は問題ないのにゲームを再生したときだけ設定通りに動かない

アニメーションさせる物体、もしくはその周辺の物体とぶつかっていることが原因の可能性があります。その場合、スカルプチャーやグループのコライドとラベルの設定を変えて当たり判定を無くせば治ります。

 

 

ロジック関係

キャラクターを前後に傾けさせたい

公式が作った「FPSキャラクター」を検索してスタンプする。

FPSキャラクターの中のマイクロチップの中の「カメラの設定」というマイクロチップを探してクローンして自分のキャラクターのマイクロチップにスタンプする。

次に、スタンプした「カメラの設定」を開いく。右側にあるタイムラインを開き、その中に2つキーフレームがあるはずです。

「ピッチアップ」キーフレームには上を向いた状態のポーズを記録させます。

「ピッチダウン」キーフレームには下を向いた状態のポーズを記録させます。

次に、「カメラの設定」マイクロチップの中の左にある「左スティック(ローカル)」という名前のノードにキャラクターのコントローラーセンサーの左スティック(ローカル)のアウトプットをワイヤーでつなげます。

こうすると左スティックの入力に合わせてキャラクターが傾きます。

 

 ↓スターターキットのギミックの中に「FPSキャラクター」があります。

f:id:grif4869:20201222103541j:plain

f:id:grif4869:20201222103743j:plain

f:id:grif4869:20201222103733j:plain

f:id:grif4869:20201222103727j:plain

f:id:grif4869:20201222103722j:plain

f:id:grif4869:20201222103717j:plain

f:id:grif4869:20201222103712j:plain

f:id:grif4869:20201222103706j:plain

 

ある条件の時に動作をしないようにしたい

 シグナルを出しているロジックと動作をするロジックとをつなぐワイヤーの間にノードを入れる。動作をしないようにしたいときにノードの電源を切る。

 二つの動作を同時にしないようにする簡単な方法

動作のロジックをマイクロチップごとに分ける。動作をするときの電源やタイムラインの中に他の動作をするロジックが入ったマイクロチップの電源を切るようにしたキーフレームを入れる.

 

ボタンを一度押すとオン、もう一度押すとオフにする

コントローラーセンサーとセレクターを置く。○ボタンを押すとオン。もう一度押すとオフにしたいときはコントローラーセンサーの○ボタンのアウトプットからのワイヤーをセレクターの「次に移動」につなぐ。セレクターのアウトプットBにオンオフ切り替えしたいものを繋げば完了。

上記のボタンオンオフ切り替えの応用

「ボタンを一度押すとオン、もう一度押すとオフにする」で、作ったロジックを変数を使って扱いやすくする方法。

変数マシンを1つ、変数カスタマイザーを1つ置く。

変数マシンの名前を適当なものに変えて1つクローンする。

変数カスタマイザーの手直しメニューを開き、「値を操作」を「セット」にして値を1にする。変数カスタマイザーを1つクローンして片方のカスタマイザーのセットする値を0にする。

セレクターのアウトプットA、アウトプットBに繋がっているワイヤーを削除する。

セレクターのアウトプットAに変数カスタマイザー(セットする値が0の方)の電源をつなげる。アウトプットBに変数カスタマイザー(セットする値が1の方)の電源をつなげる。

 

こうすることで、ボタンを押すたびに変数の値が1と0で交互に変わります。

さらに、

既に置いてある変数マシンをもう一つクローンし、カルキュレーターも置く。

変数マシンの「現在の値」をカルキュレーターの上の数値インプットにつなげる。カルキュレーターの計算を「=」、下の数値を1に設定して、上記の「ボタンを一度押すとオン、もう一度押すとオフにする」でセレクターのアウトプットBに繋いでいたものをカルキュレーターのアウトプットにつなげれば完成。

このようにすることで、大量のオブジェクトをセレクターでオンオフしたいときにアウトプットにつながってるワイヤーが大量なって煩雑になることを防げますし、シーン全体で変数の値を保存しているので、オンオフの状態管理が楽になります。

変数を使わずに数値を保存する

上記のツイートを参考にして 

タイマーなどの変化する数値を記録する場合、適当な物体をエミッターで複製するようにして、その物体に変化する数値を送る。次に、エミッターによって複製された直後の数値を保存するためにタイマーを0.1秒で「タイマーの終了」シグナル(パルス)をシグナル制御マシンの「アウトプットをフリーズ」につなぐ。このようにすると複製された物体に数値を保存することができます。

 

オブジェクトの任意の位置に接着する方法

スカルプトモードでブロックをスタンプする。(このブロックで貼り付ける位置を決める)
ブロックの手直しメニューを開いて「移動OK」をオン、ラベルを「ターゲット」にする。
ブロックにマイクロチップを貼り付ける。
マイクロチップの中にインパクト・センサーとタグを貼り付ける。
インパクト・センサーの「タッチ」アウトプットからタグの電力につなげる。
タグの座標の位置をブロックの大体中心になるように調節する。
マイクロチップの中にスプリッターを貼り付ける。
タグの「シーンスペースの座標」アウトプットからスプリッターのインプットにつなげる。
マイクロチップの中にカルキュレーターとコンバイナーを貼り付ける。
スプリッターの「スケール」アウトプットからカルキュレーターのAインプットにつなげる。
カルキュレーターの手直しメニューを開いて「掛け算」に設定し、Bの値を10にする。
コンバイナーの手直しメニューを開いて「座標」に設定する。
スプリッターの「位置」アウトプットからコンバイナーの「位置」インプットにつなげる。
スプリッターの「方位」アウトプットからコンバイナーの「方位」インプットにつなげる。
カルキュレーターの「結果」アウトプットからコンバイナーの「スケール」インプットにつなげる。

f:id:grif4869:20210320162643j:plain



スカルプトモードでブロックをスタンプする。(このブロックが貼り付けたいもの。)
(スカルプトモードでブロックをスタンプする。このブロックに貼り付けられる。今回はシーンに初めからある台を使う。)
貼り付けられるブロックにマイクロチップを貼り付ける。
マイクロチップの中にインパク・トセンサーを貼り付ける。
インパクト・センサーの手直しメニューを開いて検出するラベルを「ターゲット」だけにする。
マイクロチップの中にエミッタ―を貼り付ける。
インパクト・センサーの「タッチ」アウトプットからからエミッターの電力につなげる。
エミットスピードを0にする。
発射の間隔を0にする。
エミットモードを「一回だけ」にする。
貼り付ける位置を決めるブロックのマイクロチップの中にあるコンバイナーのアウトプットからエミッターの「シーンスペースの座標」インプットにつなげる。
貼り付けたいブロックを貼り付けられるブロックのグループに追加する。
エミッターの「発射するオブジェクト」に貼りつけたいブロックを設定する。

f:id:grif4869:20210320162737j:plain



シーンを再生するとブロックが落ちたところにブロックがエミットされる。
エミットされたブロックは台に固定されている。

 

最後に

ご閲覧下さりありがとうございました!

自己紹介

 

こんにちは グリフ です。

 

自分の趣味について語りたかったので、ブログをはじめました。

ブログを書き始めたばかりの初心者ですが、よろしくお願いします。

 

それでは自己紹介していきます

趣味:ゲーム、海外ドラマ、映画

ゲームは主にPS4のアクションゲームです。

作品は

  • infamous シリーズ
  • marvel's spider-man
  • ApexLegends
  • ミラーズエッジ カタリスト
  • ダークソウル3

海外ドラマは

  • THE FLASH / フラッシュ
  • ARROW / アロー
  • エージェント・オブ・ シールド

映画は

  • マトリックス
  • インセプション
  • ミッションインポッシブル
  • マーベルシネマティックユニバースの関連作品

                   などなど

全体的にアクションやSF、超能力ものが好きですね。

 

いままでしてきたこと

今まで何度かゲーム制作に挑戦したことがあります。

Unreal Engine を使って少しずつ勉強しています。

 

方針

このブログでは上で挙げたような趣味について得た情報を発信していこうと思います

 

まだまだ文章が下手なので少しでも読みやすくなるように心がけていきます

 

ツイッター

https://mobile.twitter.com/00GNK00